Menu Close

2.2. DNS をプライベートに設定する

クラスターのデプロイ後に、プライベートゾーンのみを使用するように DNS を変更できます。

手順

  1. クラスターの DNS カスタムリソースを確認します。

    $ oc get dnses.config.openshift.io/cluster -o yaml

    出力例

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: DNS
    metadata:
      creationTimestamp: "2019-10-25T18:27:09Z"
      generation: 2
      name: cluster
      resourceVersion: "37966"
      selfLink: /apis/config.openshift.io/v1/dnses/cluster
      uid: 0e714746-f755-11f9-9cb1-02ff55d8f976
    spec:
      baseDomain: <base_domain>
      privateZone:
        tags:
          Name: <infrastructure_id>-int
          kubernetes.io/cluster/<infrastructure_id>: owned
      publicZone:
        id: Z2XXXXXXXXXXA4
    status: {}

    spec セクションには、プライベートゾーンとパブリックゾーンの両方が含まれることに注意してください。

  2. DNS カスタムリソースにパッチを適用して、パブリックゾーンを削除します。

    $ oc patch dnses.config.openshift.io/cluster --type=merge --patch='{"spec": {"publicZone": null}}'
    dns.config.openshift.io/cluster patched

    Ingress コントローラーは Ingress オブジェクトの作成時に DNS 定義を参照するため、Ingress オブジェクトを作成または変更する場合、プライベートレコードのみが作成されます。

    重要

    既存の Ingress オブジェクトの DNS レコードは、パブリックゾーンの削除時に変更されません。

  3. オプション: クラスターの DNS カスタムリソースを確認し、パブリックゾーンが削除されていることを確認します。

    $ oc get dnses.config.openshift.io/cluster -o yaml

    出力例

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: DNS
    metadata:
      creationTimestamp: "2019-10-25T18:27:09Z"
      generation: 2
      name: cluster
      resourceVersion: "37966"
      selfLink: /apis/config.openshift.io/v1/dnses/cluster
      uid: 0e714746-f755-11f9-9cb1-02ff55d8f976
    spec:
      baseDomain: <base_domain>
      privateZone:
        tags:
          Name: <infrastructure_id>-int
          kubernetes.io/cluster/<infrastructure_id>-wfpg4: owned
    status: {}