Menu Close

6.9. インストール後の RHOSP ネットワーク設定

インストール後に、OpenShift Container Platform の一部の部分を Red Hat OpenStack Platform(RHOSP)クラスターに設定することができます。

6.9.1. Floating IP アドレスを使用したアプリケーションアクセスの設定

OpenShift Container Platform をインストールした後に、アプリケーションネットワークトラフィックを許可するように Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) を設定します。

注記

インストール中に、install-config.yaml ファイルの platform.openstack.apiFloatingIP および platform.openstack.ingressFloatingIP に値を指定した場合、または inventory.yaml Playbook の os_api_fip および os_ingress_fip に値を指定した場合は、この手順を実行する必要はありません。Floating IP アドレスはすでに設定されています。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターがインストールされている必要があります。
  • OpenShift Container Platform の RHOSP へのインストールに関するドキュメントで説明されているように、Floating IP アドレスが有効にされます。

手順

OpenShift Container Platform クラスターをインストールした後に、Floating IP アドレスを Ingress ポートに割り当てます。

  1. ポートを表示します。

    $ openstack port show <cluster_name>-<cluster_ID>-ingress-port
  2. ポートを IP アドレスに接続します。

    $ openstack floating ip set --port <ingress_port_ID> <apps_FIP>
  3. *apps. のワイルドカード A レコードを DNS ファイルに追加します。

    *.apps.<cluster_name>.<base_domain>  IN  A  <apps_FIP>
注記

DNS サーバーを制御せず、非実稼働環境でアプリケーションアクセスを有効にする必要がある場合は、これらのホスト名を /etc/hostsに追加できます。

<apps_FIP> console-openshift-console.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps_FIP> integrated-oauth-server-openshift-authentication.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps_FIP> oauth-openshift.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps_FIP> prometheus-k8s-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps_FIP> grafana-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps_FIP> <app name>.apps.<cluster name>.<base domain>