Menu Close

4.9. FeatureGate の使用によるテクノロジープレビュー機能の有効化

FeatureGate カスタムリソース (CR) を編集して、クラスターのすべてのノードに対して現在のテクノロジープレビュー機能のサブセットをオンにすることができます。

4.9.1. 機能ゲートについて

FeatureGate カスタムリソース (CR) を使用して、クラスター内の特定の機能セットを有効にすることができます。機能セットは、デフォルトで有効にされない OpenShift Container Platform 機能のコレクションです。

FeatureGate CR を使用して以下の機能セットのいずれかをアクティブにすることができます。

  • TechPreviewNoUpgrade.この機能セットは、現在のテクノロジープレビュー機能のサブセットです。この機能セットを使用すると、これらのテクノロジープレビュー機能をテストクラスターで有効にすることができます。この機能セットを有効にすると元に戻すことができなくなり、マイナーバージョンの更新ができなくなります。この機能セットは、実稼働クラスターでは推奨されません。

    以下のテクノロジープレビュー機能は、この機能ゲートにより有効にされています。

    • Azure Disk CSI Driver Operator。Microsoft Azure Disk Storage の Container Storage Interface(CSI)ドライバーを使用して永続ボリューム(PV)のプロビジョニングを有効にします。
    • VMware vSphere CSI Driver Operator。Virtual Machine Disk(VMDK)ボリュームの Container Storage Interface(CSI)VMware vSphere ドライバーを使用して永続ボリューム(PV)のプロビジョニングを有効にします。
    • CSI の自動移行。サポートされる in-tree ボリュームプラグインの同等の Container Storage Interface(CSI)ドライバーへの自動移行を有効にします。以下のテクノロジープレビューとしてご利用いただけます。

      • Amazon Web Services (AWS) Elastic Block Storage (EBS)
      • OpenStack Cinder
      • Azure Disk
      • Azure File
      • Google Cloud Platform Persistent Disk(CSI)
      • VMware vSphere
    • Cluster Cloud Controller Manager Operatorin-tree クラウドコントローラーではなく、Cluster Cloud Controller Manager Operator を有効にします。以下のテクノロジープレビューとしてご利用いただけます。

      • Amazon Web Services (AWS)
      • Microsoft Azure
      • Red Hat OpenStack Platform (RHOSP)
    • Insights Operator。Red Hat OpenShift Cluster Manager から RHEL Simple Content Access(SCA)証明書のインポートを有効にします。