Menu Close

第4章 インストール後のクラスタータスク

OpenShift Container Platform のインストール後に、クラスターをさらに拡張し、要件に合わせてカスタマイズできます。

4.1. 利用可能なクラスターのカスタマイズ

OpenShift Container Platform クラスターのデプロイ後は、大半のクラスター設定およびカスタマイズが終了していることになります。数多くの設定リソースが利用可能です。

注記

クラスターを IBM Z にインストールする場合は、すべての特長および機能が利用可能である訳ではありません。

イメージレジストリー、ネットワーク設定、イメージビルドの動作およびアイデンティティープロバイダーなどのクラスターの主要な機能を設定するために設定リソースを変更します。

これらのリソースを使用して制御する設定の現在の記述については、 oc explain コマンドを使用します (例: oc explain builds --api-version=config.openshift.io/v1)。

4.1.1. クラスター設定リソース

すべてのクラスター設定リソースはグローバルにスコープが設定され (namespace は設定されない)、clusterという名前が付けられます。

リソース名説明

apiserver.config.openshift.io

証明書および認証局 などの API サーバー設定を提供します。

authentication.config.openshift.io

クラスターのアイデンティティープロバイダーおよび認証設定を制御します。

build.config.openshift.io

クラスターのすべてのビルドについてのデフォルトおよび有効にされている設定を制御します。

console.config.openshift.io

ログアウト動作を含む Web コンソールインターフェースの動作を設定します。

featuregate.config.openshift.io

FeatureGates を有効にして、テクノロジープレビュー機能を使用できるようにします。

image.config.openshift.io

特定の イメージレジストリー が処理される方法を設定します (allowed、disallowed、insecure、CA details)。

ingress.config.openshift.io

ルートのデフォルトドメインなどのルーティングに関連する設定の詳細。

oauth.config.openshift.io

内部 OAuth サーバーフローに関連するアイデンティティープロバイダーおよび他の動作を設定します。

project.config.openshift.io

プロジェクトテンプレートを含む、プロジェクトの作成方法 を設定します。

proxy.config.openshift.io

外部ネットワークアクセスを必要とするコンポーネントで使用されるプロキシーを定義します。注: すべてのコンポーネントがこの値を使用する訳ではありません。

scheduler.config.openshift.io

ポリシーやデフォルトノードセレクターなどのスケジューラーの動作を設定します。

4.1.2. Operator 設定リソース

これらの設定リソースは、clusterという名前のクラスタースコープのインスタンスです。これは、特定の Operator によって所有される特定コンポーネントの動作を制御します。

リソース名説明

consoles.operator.openshift.io

ブランドのカスタマイズなどのコンソールの外観の制御

config.imageregistry.operator.openshift.io

パブリックルーティング、プロキシー設定、リソース設定、レプリカ数およびストレージタイプなどの 内部イメージレジストリー設定を設定します。

config.samples.operator.openshift.io

Samples Operator を設定して、クラスターにインストールされるイメージストリームとテンプレートのサンプルを制御します。

4.1.3. 追加の設定リソース

これらの設定リソースは、特定コンポーネントの単一インスタンスを表します。場合によっては、リソースの複数のインスタンスを作成して、複数のインスタンスを要求できます。他の場合には、Operator は特定の namespace の特定のリソースインスタンス名のみを使用できます。追加のリソースインスタンスの作成方法や作成するタイミングについての詳細は、コンポーネント固有のドキュメントを参照してください。

リソース名インスタンス名Namespace説明

alertmanager.monitoring.coreos.com

main

openshift-monitoring

Alertmanager デプロイメントパラメーターを制御します。

ingresscontroller.operator.openshift.io

default

openshift-ingress-operator

ドメイン、レプリカ数、証明書、およびコントローラーの配置などの Ingress Operator 動作を設定します。

4.1.4. 情報リソース

これらのリソースを使用して、クラスターについての情報を取得します。設定によっては、これらのリソースの直接編集が必要になる場合があります。

リソース名インスタンス名説明

clusterversion.config.openshift.io

version

OpenShift Container Platform 4.9 では、実稼働クラスターの ClusterVersion リソースをカスタマイズすることはできません。代わりに 、クラスターの更新 プロセスを実行します。

dns.config.openshift.io

cluster

クラスターの DNS 設定を変更することはできません。DNS Operator ステータスを表示できます。

infrastructure.config.openshift.io

cluster

クラスターはそのクラウドプロバイダーとの対話を可能にする設定の詳細。

network.config.openshift.io

cluster

インストール後にクラスターのネットワークを変更することはできません。ネットワークをカスタマイズするには、インストール時にネットワークをカスタマイズするプロセスを実行します。