Menu Close

6.7. サポートされる構成

以下の設定は、Red Hat OpenShift Service Mesh の現行リリースでサポートされます。

  • Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 4.x。
  • Red Hat OpenShift Dedicated バージョン 4
  • Azure Red Hat OpenShift version 4.
注記

Red Hat OpenShift Online は Red Hat OpenShift Service Mesh に対してはサポートされていません。

  • Red Hat OpenShift Service Mesh の本リリースは、OpenShift Container Platform x86_64、IBM Z、および IBM Power Systems でのみ利用できます。

    • IBM Z は OpenShift Container Platform 4.6 以降でのみサポートされます。
    • IBM Power Systems は OpenShift Container Platform 4.6 以降でのみサポートされます。
  • すべてのサービスメッシュコンポーネントが単一の OpenShift Container Platform クラスター内に含まれる設定。Red Hat OpenShift Service Mesh は、サービスメッシュが実行しているクラスター外にあるマイクロサービスの管理をサポートしません。
  • 仮想マシンなどの外部サービスを統合しない設定。

Red Hat OpenShift Service Mesh のライフサイクルおよびサポートされる設定についての詳細は、サポートポリシーについて参照してください。

6.7.1. サポートされるネットワーク設定

Red Hat OpenShift Service Mesh は以下のネットワーク設定をサポートします。

  • OpenShift-SDN
  • OVN-Kubernetes は OpenShift Container Platform 4.7.32+、OpenShift Container Platform 4.8.12+、および OpenShift Container Platform 4.9+ でサポートされます。
  • OpenShift Container Platform で認定され、さらにサービスメッシュ適合テストに合格したサードパーティーの Container Network Interface(CNI)プラグイン。詳細は、「認定 OpenShift CNI プラグイン」を参照してください。