Menu Close

8.6.2. CLI を使用した OperatorHub からのインストール

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用する代わりに、CLI を使用して OperatorHub から Operator をインストールできます。oc コマンドを使用して、Subscription オブジェクトを作成または更新します。

前提条件

  • cluster-admin パーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスする。
  • oc コマンドをローカルシステムにインストールする。

手順

  1. OperatorHub からクラスターで利用できる Operator の一覧を表示します。

    $ oc get packagemanifests -n openshift-marketplace

    出力例

    NAME                               CATALOG               AGE
    3scale-operator                    Red Hat Operators     91m
    advanced-cluster-management        Red Hat Operators     91m
    amq7-cert-manager                  Red Hat Operators     91m
    ...
    couchbase-enterprise-certified     Certified Operators   91m
    crunchy-postgres-operator          Certified Operators   91m
    mongodb-enterprise                 Certified Operators   91m
    ...
    etcd                               Community Operators   91m
    jaeger                             Community Operators   91m
    kubefed                            Community Operators   91m
    ...

    必要な Operator のカタログをメモします。

  2. 必要な Operator を検査して、サポートされるインストールモードおよび利用可能なチャネルを確認します。

    $ oc describe packagemanifests <operator_name> -n openshift-marketplace
  3. OperatorGroup で定義される Operator グループは、Operator グループと同じ namespace 内のすべての Operator に必要な RBAC アクセスを生成するターゲット namespace を選択します。

    Operator をサブスクライブする namespace には、Operator のインストールモードに一致する Operator グループが必要になります (AllNamespaces または SingleNamespace モードのいずれか)。インストールする Operator が AllNamespaces を使用する場合、 openshift-operators namespace には適切な Operator グループがすでに配置されます。

    ただし、Operator が SingleNamespace モードを使用し、適切な Operator グループがない場合、それらを作成する必要があります。

    注記

    この手順の Web コンソールバージョンでは、SingleNamespace モードを選択する際に、OperatorGroup および Subscription オブジェクトの作成を背後で自動的に処理します。

    1. OperatorGroup オブジェクト YAML ファイルを作成します (例: operatorgroup.yaml)。

      OperatorGroup オブジェクトのサンプル

      apiVersion: operators.coreos.com/v1
      kind: OperatorGroup
      metadata:
        name: <operatorgroup_name>
        namespace: <namespace>
      spec:
        targetNamespaces:
        - <namespace>

    2. OperatorGroup オブジェクトを作成します。

      $ oc apply -f operatorgroup.yaml
  4. Subscription オブジェクトの YAML ファイルを作成し、namespace を Operator にサブスクライブします (例: sub.yaml)。

    Subscription オブジェクトの例

    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: <subscription_name>
      namespace: openshift-operators 1
    spec:
      channel: <channel_name> 2
      name: <operator_name> 3
      source: redhat-operators 4
      sourceNamespace: openshift-marketplace 5
      config:
        env: 6
        - name: ARGS
          value: "-v=10"
        envFrom: 7
        - secretRef:
            name: license-secret
        volumes: 8
        - name: <volume_name>
          configMap:
            name: <configmap_name>
        volumeMounts: 9
        - mountPath: <directory_name>
          name: <volume_name>
        tolerations: 10
        - operator: "Exists"
        resources: 11
          requests:
            memory: "64Mi"
            cpu: "250m"
          limits:
            memory: "128Mi"
            cpu: "500m"
        nodeSelector: 12
          foo: bar

    1
    AllNamespaces インストールモードの使用については、openshift-operators namespace を指定します。それ以外の場合は、SingleNamespace インストールモードの使用について関連する単一の namespace を指定します。
    2
    サブスクライブするチャネルの名前。
    3
    サブスクライブする Operator の名前。
    4
    Operator を提供するカタログソースの名前。
    5
    カタログソースの namespace。デフォルトの OperatorHub カタログソースには openshift-marketplace を使用します。
    6
    env パラメーターは、OLM によって作成される Pod のすべてのコンテナーに存在する必要がある環境変数の一覧を定義します。
    7
    envFrom パラメーターは、コンテナーに環境変数を設定するためにソースの一覧を定義します。
    8
    volumes パラメーターは、OLM によって作成される Pod に存在する必要があるボリュームの一覧を定義します。
    9
    volumeMounts パラメーターは、OLM によって作成される Pod のすべてのコンテナーに存在する必要がある VolumeMount の一覧を定義します。volumeMount が存在しない ボリューム を参照する場合、OLM は Operator のデプロイに失敗します。
    10
    tolerations パラメーターは、OLM によって作成される Pod の容認の一覧を定義します。
    11
    resources パラメーターは、OLM によって作成される Pod 内のすべてのコンテナーのリソース制約を定義します。
    12
    nodeSelector パラメーターは、OLM によって作成される Pod の NodeSelector を定義します。
  5. Subscription オブジェクトを作成します。

    $ oc apply -f sub.yaml

    この時点で、OLM は選択した Operator を認識します。Operator のクラスターサービスバージョン (CSV) はターゲット namespace に表示され、Operator で指定される API は作成用に利用可能になります。

関連情報