Menu Close

8.5.3. クラスターへのカタログソースの追加

カタログソースを OpenShift Container Platform クラスターに追加すると、ユーザーの Operator の検出およびインストールが可能になります。クラスター管理者は、インデックスイメージを参照する CatalogSource オブジェクトを作成できます。OperatorHub はカタログソースを使用してユーザーインターフェースを設定します。

前提条件

  • レジストリーにビルドされ、プッシュされるインデックスイメージ。

手順

  1. インデックスイメージを参照する CatalogSource オブジェクトを作成します。oc adm catalog mirror コマンドを使用してカタログをターゲットレジストリーにミラーリングする場合、manifests ディレクトリーに生成される catalogSource.yaml ファイルを開始点としてそのまま使用することができます。

    1. 仕様を以下のように変更し、これを catalogSource.yaml ファイルとして保存します。

      apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
      kind: CatalogSource
      metadata:
        name: my-operator-catalog 1
        namespace: openshift-marketplace 2
      spec:
        sourceType: grpc
        image: <registry>/<namespace>/redhat-operator-index:v4.9 3
        displayName: My Operator Catalog
        publisher: <publisher_name> 4
        updateStrategy:
          registryPoll: 5
            interval: 30m
      1
      カタログソースを全 namespace のユーザーがグローバルに利用できるようにする場合は、openshift-marketplace namespace を指定します。それ以外の場合は、そのカタログの別の namespace を対象とし、その namespace のみが利用できるように指定できます。
      2
      レジストリーにアップロードする前にローカルファイルにコンテンツをミラーリングする場合は、metadata.name フィールドからバックスラッシュ(/)文字を削除し、オブジェクトの作成時に「invalid resource name」エラーを回避します。
      3
      インデックスイメージを指定します。
      4
      カタログを公開する名前または組織名を指定します。
      5
      カタログソースは新規バージョンの有無を自動的にチェックし、最新の状態を維持します。
    2. このファイルを使用して CatalogSource オブジェクトを作成します。

      $ oc apply -f catalogSource.yaml
  2. 以下のリソースが正常に作成されていることを確認します。

    1. Pod を確認します。

      $ oc get pods -n openshift-marketplace

      出力例

      NAME                                    READY   STATUS    RESTARTS  AGE
      my-operator-catalog-6njx6               1/1     Running   0         28s
      marketplace-operator-d9f549946-96sgr    1/1     Running   0         26h

    2. カタログソースを確認します。

      $ oc get catalogsource -n openshift-marketplace

      出力例

      NAME                  DISPLAY               TYPE PUBLISHER  AGE
      my-operator-catalog   My Operator Catalog   grpc            5s

    3. パッケージマニフェストを確認します。

      $ oc get packagemanifest -n openshift-marketplace

      出力例

      NAME                          CATALOG               AGE
      jaeger-product                My Operator Catalog   93s

OpenShift Container Platform Web コンソールで、OperatorHub ページから Operator をインストールできるようになりました。