Menu Close

5.7.4. テイントおよび容認 (Toleration) 使ってユーザーをノードにバインドする

ノードのセットを特定のユーザーセットによる排他的な使用のために割り当てる必要がある場合、容認をそれらの Pod に追加します。次に、対応するテイントをそれらのノードに追加します。容認のある Pod は、テイントが付けられたノードまたはクラスター内の他のノードを使用できます。

Pod がテイントが付けられたノードのみにスケジュールされるようにするには、ラベルを同じノードセットに追加し、ノードのアフィニティーを Pod に追加し、Pod がそのラベルの付いたノードのみにスケジュールできるようにします。

手順

ノードをユーザーの使用可能な唯一のノードとして設定するには、以下を実行します。

  1. 対応するテイントをそれらのノードに追加します。

    以下は例になります。

    $ oc adm taint nodes node1 dedicated=groupName:NoSchedule
    ヒント

    または、以下の YAML を適用してテイントを追加できます。

    kind: Node
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: <node_name>
      labels:
        ...
    spec:
      taints:
        - key: dedicated
          value: groupName
          effect: NoSchedule
  2. カスタム受付コントローラーを作成して容認を Pod に追加します。