Menu Close

3.2.5. リアルタイムカーネルのノードへの追加

一部の OpenShift Container Platform ワークロードには、高度な決定論的アプローチが必要になります。Linux はリアルタイムのオペレーティングシステムではありませんが、Linux のリアルタイムカーネルには、リアルタイムの特性を持つオペレーティングシステムを提供するプリエンプティブなスケジューラーが含まれます。

OpenShift Container Platform ワークロードでこれらのリアルタイムの特性が必要な場合、マシンを Linux のリアルタイムカーネルに切り替えることができます。OpenShift Container Platform の場合、4.9 は MachineConfig オブジェクトを使用してこの切り替えを行うことができます。変更はマシン設定の kernelType 設定を realtime に変更するだけで簡単に行えますが、この変更を行う前に他のいくつかの点を考慮する必要があります。

  • 現在、リアルタイムカーネルはワーカーノードでのみサポートされ、使用できるのはラジオアクセスネットワーク (RAN) のみになります。
  • 以下の手順は、Red Hat Enterprise Linux for Real Time 8 で認定されているシステムを使用したベアメタルのインストールで完全にサポートされます。
  • OpenShift Container Platform でのリアルタイムサポートは、特定のサブスクリプションに制限されます。
  • 以下の手順は、Google Cloud Platform での使用についてもサポートされます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスター (バージョン 4.4 以降) が実行中である。
  • 管理者権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。

手順

  1. リアルタイムカーネルのマシン設定を作成します。realtime カーネルタイプの MachineConfig オブジェクトが含まれる YAML ファイル (99-worker-realtime.yaml など) を作成します。以下の例では、すべてのワーカーノードにリアルタイムカーネルを使用するようにクラスターに指示します。

    $ cat << EOF > 99-worker-realtime.yaml
    apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
    kind: MachineConfig
    metadata:
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: "worker"
      name: 99-worker-realtime
    spec:
      kernelType: realtime
    EOF
  2. マシン設定をクラスターに追加します。以下を入力してマシン設定をクラスターに追加します。

    $ oc create -f 99-worker-realtime.yaml
  3. リアルタイムカーネルを確認します。影響を受けるそれぞれのノードの再起動後に、クラスターにログインして以下のコマンドを実行し、リアルタイムカーネルが設定されたノードのセットの通常のカーネルを置き換えていることを確認します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME                                        STATUS  ROLES    AGE   VERSION
    ip-10-0-143-147.us-east-2.compute.internal  Ready   worker   103m  v1.22.1
    ip-10-0-146-92.us-east-2.compute.internal   Ready   worker   101m  v1.22.1
    ip-10-0-169-2.us-east-2.compute.internal    Ready   worker   102m  v1.22.1

    $ oc debug node/ip-10-0-143-147.us-east-2.compute.internal

    出力例

    Starting pod/ip-10-0-143-147us-east-2computeinternal-debug ...
    To use host binaries, run `chroot /host`
    
    sh-4.4# uname -a
    Linux <worker_node> 4.18.0-147.3.1.rt24.96.el8_1.x86_64 #1 SMP PREEMPT RT
            Wed Nov 27 18:29:55 UTC 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

    カーネル名には rt が含まれ、「PREEMPT RT」のテキストは、これがリアルタイムカーネルであることを示します。

  4. 通常のカーネルに戻るには、MachineConfig オブジェクトを削除します。

    $ oc delete -f 99-worker-realtime.yaml