Menu Close

3.2.6. journald の設定

OpenShift Container Platform ノードで journald サービスの設定が必要な場合は、適切な設定ファイルを変更し、そのファイルをマシン設定としてノードの適切なプールに渡すことで実行できます。

この手順では、/etc/systemd/journald.conf ファイルの journald 速度制限の設定を変更し、それらをワーカーノードに適用する方法について説明します。このファイルの使用方法についての情報は、journald.conf man ページを参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターが実行中である。
  • 管理者権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。

手順

  1. 必要な設定で /etc/systemd/journald.conf ファイルが含まれる Butane 設定ファイル 40-worker-custom -journald.bu を作成します。

    注記

    Butane の詳細は、「Butane を使用したマシン設定の作成」を参照してください。

    variant: openshift
    version: 4.9.0
    metadata:
      name: 40-worker-custom-journald
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: worker
    storage:
      files:
      - path: /etc/systemd/journald.conf
        mode: 0644
        overwrite: true
        contents:
          inline: |
            # Disable rate limiting
            RateLimitInterval=1s
            RateLimitBurst=10000
            Storage=volatile
            Compress=no
            MaxRetentionSec=30s
  2. Butane を使用して、ワーカーノードに配信される設定を含む MachineConfig オブジェクトファイル (40-worker-custom-journald.yaml) を生成します。

    $ butane 40-worker-custom-journald.bu -o 40-worker-custom-journald.yaml
  3. マシン設定をプールに適用します。

    $ oc apply -f 40-worker-custom-journald.yaml
  4. 新規マシン設定が適用され、ノードの状態が低下した状態にないことを確認します。これには数分の時間がかかる場合があります。各ノードで新規マシン設定が正常に適用されるため、ワーカープールには更新が進行中であることが表示されます。

    $ oc get machineconfigpool
    NAME   CONFIG             UPDATED UPDATING DEGRADED MACHINECOUNT READYMACHINECOUNT UPDATEDMACHINECOUNT DEGRADEDMACHINECOUNT AGE
    master rendered-master-35 True    False    False    3            3                 3                   0                    34m
    worker rendered-worker-d8 False   True     False    3            1                 1                   0                    34m
  5. 変更が適用されたことを確認するには、ワーカーノードにログインします。

    $ oc get node | grep worker
    ip-10-0-0-1.us-east-2.compute.internal   Ready    worker   39m   v0.0.0-master+$Format:%h$
    $ oc debug node/ip-10-0-0-1.us-east-2.compute.internal
    Starting pod/ip-10-0-141-142us-east-2computeinternal-debug ...
    ...
    sh-4.2# chroot /host
    sh-4.4# cat /etc/systemd/journald.conf
    # Disable rate limiting
    RateLimitInterval=1s
    RateLimitBurst=10000
    Storage=volatile
    Compress=no
    MaxRetentionSec=30s
    sh-4.4# exit