4.8. マシン Autoscaler

Machine Autoscaler は、マシンセットで OpenShift Container Platform クラスターにデプロイするマシン数を調整します。デフォルトの worker マシンセットおよび作成する他のマシンセットの両方をスケーリングできます。Machine Autoscaler は、追加のデプロイメントをサポートするのに十分なリソースがクラスターにない場合に追加のマシンを作成します。MachineAutoscaler リソースの値への変更 (例: インスタンスの最小または最大数) は、それらがターゲットとするマシンセットに即時に適用されます。

重要

マシンをスケーリングするには、Cluster Autoscaler の Machine Autoscaler をデプロイする必要があります。Cluster Autoscaler は、スケーリングできるリソースを判別するために、Machine Autoscaler が設定するアノテーションをマシンセットで使用します。マシン Autoscaler を定義せずにクラスター Autoscaler を定義する場合、クラスター Autoscaler はクラスターをスケーリングできません。

4.8.1. MachineAutoscaler リソース定義

この MachineAutoscaler リソース定義は、Machine Autoscaler のパラメーターおよびサンプル値を表示します。

apiVersion: "autoscaling.openshift.io/v1beta1"
kind: "MachineAutoscaler"
metadata:
  name: "worker-us-east-1a" 1
  namespace: "openshift-machine-api"
spec:
  minReplicas: 1 2
  maxReplicas: 12 3
  scaleTargetRef: 4
    apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
    kind: MachineSet 5
    name: worker-us-east-1a 6
1
Machine Autoscaler の名前を指定します。この Machine Autoscaler がスケーリングするマシンセットを簡単に特定できるようにするには、スケーリングするマシンセットの名前を指定するか、またはこれを組み込みます。マシンセットの名前は以下の形式を取ります。 <clusterid>-<machineset>-<aws-region-az>
2
Cluster Autoscaler がクラスターのスケーリングを開始した後に、指定されたゾーンに残っている必要のある指定されたタイプのマシンの最小数を指定します。AWS、GCP、Azure、RHOSP または vSphere で実行している場合は、この値は 0 に設定できます。他のプロバイダーの場合は、この値は 0 に設定しないでください。

特殊なワークロードに使用されるコストがかかり、用途が限られたハードウェアを稼働する場合などのユースケースにはこの値を 0 に設定するか、若干大きいマシンを使用してマシンセットをスケーリングすることで、コストを節約できます。Cluster Autoscaler は、マシンが使用されていない場合にマシンセットをゼロにスケールダウンします。

重要

インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーの OpenShift Container Platform インストールプロセス時に作成される 3 つのコンピュートマシンセットについては、spec.minReplicas の値を 0 に設定しないでください。

3
Cluster Autoscaler がクラスタースケーリングの開始後に指定された AWS ゾーンにデプロイできる指定されたタイプのマシンの最大数を指定します。ClusterAutoscaler リソース定義の maxNodesTotal 値が、Machine AutoScaler がこの数のマシンをデプロイするのに十分な大きさの値であることを確認します。
4
このセクションでは、スケーリングする既存のマシンセットを記述する値を指定します。
5
kind パラメーターの値は常に MachineSet です。
6
name の値は、 metadata.name パラメーター値に示されるように既存のマシンセットの名前に一致する必要があります。