Menu Close

8.2.9. ローカルロールバインディングのコマンド

以下の操作を使用し、ローカルのロールバインディングでのユーザーまたはグループの関連付けられたロールを管理する際に、プロジェクトは -n フラグで指定できます。これが指定されていない場合には、現在のプロジェクトが使用されます。

ローカル RBAC 管理に以下のコマンドを使用できます。

表8.1 ローカルのロールバインディング操作

コマンド説明

$ oc adm policy who-can <verb> <resource>

リソースに対してアクションを実行できるユーザーを示します。

$ oc adm policy add-role-to-user <role> <username>

指定されたロールを現在のプロジェクトの指定ユーザーにバインドします。

$ oc adm policy remove-role-from-user <role> <username>

現在のプロジェクトの指定ユーザーから指定されたロールを削除します。

$ oc adm policy remove-user <username>

現在のプロジェクトの指定ユーザーとそれらのロールのすべてを削除します。

$ oc adm policy add-role-to-group <role> <groupname>

指定されたロールを現在のプロジェクトの指定グループにバインドします。

$ oc adm policy remove-role-from-group <role> <groupname>

現在のプロジェクトの指定グループから指定されたロールを削除します。

$ oc adm policy remove-group <groupname>

現在のプロジェクトの指定グループとそれらのロールのすべてを削除します。