Menu Close

6.9.3. RHOSP でのアクティブなデプロイメントでの Kuryr ポートプール設定の調整

カスタムリソース (CR) を使用して、Kuryr が Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) Neutron ポートをどのように管理するかを設定し、デプロイされたクラスターでの Pod 作成の速度と効率性を制御することができます。

手順

  1. コマンドラインから、編集する Cluster Network Operator (CNO) CR を開きます。

    $ oc edit networks.operator.openshift.io cluster
  2. 要件に合わせて設定を編集します。以下のファイルをサンプルとして紹介しています。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      clusterNetwork:
      - cidr: 10.128.0.0/14
        hostPrefix: 23
      serviceNetwork:
      - 172.30.0.0/16
      defaultNetwork:
        type: Kuryr
        kuryrConfig:
          enablePortPoolsPrepopulation: false 1
          poolMinPorts: 1 2
          poolBatchPorts: 3 3
          poolMaxPorts: 5 4
    1
    enablePortPoolsPrepopulationtrue に設定し、namespace の作成時、または新規ノードがクラスターに追加された後に Kuryr が新規 Neutron ポートを作成するようにします。この設定により、Neutron ポートのクォータが引き上げられますが、Pod の起動に必要となる時間を短縮できます。デフォルト値は false です。
    2
    Kuryr は、対象のプール内にある空きポートの数が poolMinPorts の値よりも少ない場合には、プールに新規ポートを作成します。デフォルト値は 1 です。
    3
    poolBatchPorts は、空きポートの数が poolMinPorts の値よりも少ない場合に作成される新規ポートの数を制御します。デフォルト値は 3 です。
    4
    プール内の空きポートの数が poolMaxPorts の値よりも多い場合に、Kuryr はその値と同じ数になるまでポートを削除します。この値を 0 に設定すると、この上限は無効になり、プールが縮小できないようにします。デフォルト値は 0 です。
  3. 変更を保存し、テキストエディターを終了して、変更をコミットします。
重要

実行中のクラスターでこれらのオプションを変更すると、kuryr-controller および kuryr-cni Pod が再起動を強制的に実行します。その結果、新規 Pod およびサービスの作成が遅延します。