Menu Close

7.2.5. Azure Disk オブジェクト定義

azure-advanced-disk-storageclass.yaml

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: <storage-class-name> 1
provisioner: kubernetes.io/azure-disk
volumeBindingMode: WaitForFirstConsumer 2
allowVolumeExpansion: true
parameters:
  kind: Managed 3
  storageaccounttype: Premium_LRS 4
reclaimPolicy: Delete

1
ストレージクラス名永続ボリューム要求 (PVC) は、関連する永続ボリュームをプロビジョニングするためにこのストレージクラスを使用します。
2
WaitForFirstConsumer を使用することが強く推奨されます。これにより、Pod を利用可能なゾーンから空きのあるワーカーノードにスケジュールするのに十分なストレージがボリュームプロビジョニングされます。
3
許容値は、Shared (デフォルト)、Managed、および Dedicated です。
重要

Red Hat は、ストレージクラスでの kind: Managed の使用のみをサポートします。

Shared および Dedicated の場合、Azure は管理対象外のディスクを作成しますが、OpenShift Container Platform はマシンの OS (root) ディスクの管理ディスクを作成します。ただし、Azure Disk はノードで管理ディスクおよび管理対象外ディスクの両方の使用を許可しないため、Shared または Dedicated で作成された管理対象外ディスクを OpenShift Container Platform ノードに割り当てることはできません。

4
Azure ストレージアカウントの SKU の層。デフォルトは空です。プレミアム VM は Standard_LRS ディスクと Premium_LRS ディスクの両方を割り当て、標準 VM は Standard_LRS ディスクのみを、マネージド VM はマネージドディスクのみを、アンマネージド VM はアンマネージドディスクのみを割り当てることができます。
  1. kindShared に設定されている場合は、Azure は、クラスターと同じリソースグループにあるいくつかの共有ストレージアカウントで、アンマネージドディスクをすべて作成します。
  2. kindManaged に設定されている場合は、Azure は新しいマネージドディスクを作成します。
  3. kindDedicated に設定されており、storageAccount が指定されている場合には、Azure は、クラスターと同じリソースグループ内にある新規のアンマネージドディスク用に、指定のストレージアカウントを使用します。これを機能させるには、以下が前提となります。

    • 指定のストレージアカウントが、同じリージョン内にあること。
    • Azure Cloud Provider にストレージアカウントへの書き込み権限があること。
  4. kindDedicated に設定されており、storageAccount が指定されていない場合には、Azure はクラスターと同じリソースグループ内の新規のアンマネージドディスク用に、新しい専用のストレージアカウントを作成します。