Menu Close

5.2.6. SELinuxブール値の設定

OpenShift Container Platformを使用すると、Red Hat Enterprise Linux CoreOS(RHCOS)ノードでSELinuxブール値を有効または無効にできます。次の手順では、Machine Config Operator(MCO)を使用してノード上のSELinuxブール値を変更する方法について説明します。この手順では、ブール値の例としてcontainer_manage_cgroupを使用します。この値は、必要なブール値に変更できます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. 次の例に示すように、MachineConfigオブジェクトを使用して新しいYAMLファイルを作成します。

    apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
    kind: MachineConfig
    metadata:
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: worker
      name: 99-worker-setsebool
    spec:
      config:
        ignition:
          version: 2.2.0
        systemd:
          units:
          - contents: |
              [Unit]
              Description=Set SELinux booleans
              Before=kubelet.service
    
              [Service]
              Type=oneshot
              ExecStart=/sbin/setsebool container_manage_cgroup=on
              RemainAfterExit=true
    
              [Install]
              WantedBy=multi-user.target graphical.target
            enabled: true
            name: setsebool.service
  2. 次のコマンドを実行して、新しいMachineConfigオブジェクトを作成します。

    $ oc create -f 99-worker-setsebool.yaml
注記

MachineConfigオブジェクトに変更を適用すると、変更が適用された後、影響を受けるすべてのノードが正常に再起動します。