Menu Close

5.12. kubelet の TLS セキュリティープロファイルの有効化

TLS (Transport Layer Security) セキュリティープロファイルを使用して、kubelet が HTTP サーバーとして機能している際に必要とする TLS 暗号を定義できます。kubelet はその HTTP/GRPC サーバーを使用して Kubernetes API サーバーと通信し、コマンドを Pod に送信して kubelet 経由で Pod で exec コマンドを実行します。

TLS セキュリティープロファイルは、kubelet と Kubernetes API サーバー間の通信を保護するために、Kubernetes API サーバーが kubelet に接続する際に使用しなければならない TLS 暗号を定義します。

注記

デフォルトで、kubelet が Kubernetes API サーバーでクライアントとして動作する場合、TLS パラメーターを API サーバーと自動的にネゴシエートします。

5.12.1. TLS セキュリティープロファイルについて

TLS (Transport Layer Security) セキュリティープロファイルを使用して、さまざまな OpenShift Container Platform コンポーネントに必要な TLS 暗号を定義できます。OpenShift Container Platform の TLS セキュリティープロファイルは、Mozilla が推奨する設定 に基づいています。

コンポーネントごとに、以下の TLS セキュリティープロファイルのいずれかを指定できます。

表5.4 TLS セキュリティープロファイル

プロファイル詳細

Old

このプロファイルは、レガシークライアントまたはライブラリーでの使用を目的としています。このプロファイルは、Old 後方互換性 の推奨設定に基づいています。

Old プロファイルには、最小 TLS バージョン 1.0 が必要です。

注記

Ingress コントローラーの場合、TLS の最小バージョンは 1.0 から 1.1 に変換されます。

Intermediate

このプロファイルは、大多数のクライアントに推奨される設定です。これは、Ingress コントローラー、kubelet、およびコントロールプレーンのデフォルトの TLS セキュリティープロファイルです。このプロファイルは、Intermediate 互換性 の推奨設定に基づいています。

Intermediate プロファイルには、最小 TLS バージョン 1.2 が必要です。

Modern

このプロファイルは、後方互換性を必要としない Modern のクライアントでの使用を目的としています。このプロファイルは、Modern 互換性 の推奨設定に基づいています。

Modern プロファイルには、最小 TLS バージョン 1.3 が必要です。

カスタム

このプロファイルを使用すると、使用する TLS バージョンと暗号を定義できます。

警告

無効な設定により問題が発生する可能性があるため、Custom プロファイルを使用する際には注意してください。

注記

事前定義されたプロファイルタイプのいずれかを使用する場合、有効なプロファイル設定はリリース間で変更される可能性があります。たとえば、リリース X.Y.Z にデプロイされた Intermediate プロファイルを使用する仕様がある場合、リリース X.Y.Z+1 へのアップグレードにより、新規のプロファイル設定が適用され、ロールアウトが生じる可能性があります。