Menu Close

3.11.6. Descheduler のアンインストール

Descheduler インスタンスを削除し、Kube Descheduler Operator をアンインストールして Descheduler をクラスターから削除できます。この手順では、KubeDescheduler CRD および openshift-kube-descheduler-operator namespace もクリーンアップします。

前提条件

  • クラスター管理者の権限。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールへのアクセス。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
  2. Descheduler インスタンスを削除します。

    1. OperatorsInstalled Operators ページから、 Kube Descheduler Operator をクリックします。
    2. Kube Descheduler タブを選択します。
    3. cluster クラスターの横にある Options メニュー kebab をクリックし、 Delete KubeDescheduler を選択します。
    4. 確認ダイアログで Delete をクリックします。
  3. Kube Descheduler Operator をアンインストールします。

    1. OperatorsInstalled Operators に移動します。
    2. Kube Descheduler Operator エントリーの横にある Options メニュー kebab をクリックし、Uninstall Operator を選択します。
    3. 確認ダイアログで、Uninstall をクリックします。
  4. openshift-kube-descheduler-operator namespace を削除します。

    1. AdministrationNamespaces に移動します。
    2. openshift-kube-descheduler-operator をフィルターボックスに入力します。
    3. openshift-kube-descheduler-operator エントリーの横にある Options メニュー kebab をクリックし、Delete Namespace を選択します。
    4. 確認ダイアログで openshift-kube-descheduler-operator を入力し、Delete をクリックします。
  5. KubeDescheduler CRD を削除します。

    1. AdministrationCustom Resource Definitions に移動します。
    2. KubeDescheduler をフィルターボックスに入力します。
    3. KubeDescheduler エントリーの横にある Options メニュー kebab をクリックし、Delete CustomResourceDefinition を選択します。
    4. 確認ダイアログで Delete をクリックします。