Menu Close

6.3.5. Pod 内のボリュームとボリュームマウントの更新

Pod 内のボリュームとボリュームマウントを変更することができます。

手順

--overwrite オプションを使用して、既存のボリュームを更新します。

$ oc set volume <object_type>/<name> --add --overwrite [options]

以下は例になります。

  • レプリケーションコントローラー r1 の既存ボリューム v1 を既存の永続ボリューム要求 (PVC) pvc1 に置き換えるには、以下の手順を実行します。

    $ oc set volume rc/r1 --add --overwrite --name=v1 --type=persistentVolumeClaim --claim-name=pvc1
    ヒント

    または、以下の YAML を適用してボリュームを置き換えることもできます。

    例6.4 pvc1という名前の永続ボリューム要求を持つレプリケーションコントローラーの例

    kind: ReplicationController
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: example-1
      namespace: example
    spec:
      replicas: 0
      selector:
        app: httpd
        deployment: example-1
        deploymentconfig: example
      template:
        metadata:
          labels:
            app: httpd
            deployment: example-1
            deploymentconfig: example
        spec:
          volumes:
            - name: v1 1
              persistentVolumeClaim:
                claimName: pvc1
          containers:
            - name: httpd
              image: >-
                image-registry.openshift-image-registry.svc:5000/openshift/httpd:latest
              ports:
                - containerPort: 8080
                  protocol: TCP
              volumeMounts:
                - name: v1
                  mountPath: /data
    1
    永続ボリューム要求を pvc1 に設定します。
  • DeploymentConfig オブジェクトの d1 のマウントポイントを、ボリューム v1/opt に変更するには、以下を実行します。

    $ oc set volume dc/d1 --add --overwrite --name=v1 --mount-path=/opt
    ヒント

    または、以下の YAML を適用してマウントポイントを変更できます。

    例6.5 マウントポイントがoptに設定されたデプロイメント設定の例

    kind: DeploymentConfig
    apiVersion: apps.openshift.io/v1
    metadata:
      name: example
      namespace: example
    spec:
      replicas: 3
      selector:
        app: httpd
      template:
        metadata:
          labels:
            app: httpd
        spec:
          volumes:
            - name: volume-pppsw
              emptyDir: {}
            - name: v2
              persistentVolumeClaim:
                claimName: pvc1
            - name: v1
              persistentVolumeClaim:
                claimName: pvc1
          containers:
            - name: httpd
              image: >-
                image-registry.openshift-image-registry.svc:5000/openshift/httpd:latest
              ports:
                - containerPort: 8080
                  protocol: TCP
              volumeMounts: 1
                - name: v1
                  mountPath: /opt
    1
    マウントポイントを /opt に設定します。