Menu Close

7.5. オーバーコミットされたノード上に Pod を配置するためのクラスターの設定

オーバーコミット とは、コンテナーの計算リソース要求と制限の合計が、そのシステムで利用できるリソースを超えた状態のことです。オーバーコミットの使用は、容量に対して保証されたパフォーマンスのトレードオフが許容可能である開発環境において必要になる場合があります。

コンテナーは、コンピュートリソース要求および制限を指定することができます。要求はコンテナーのスケジューリングに使用され、最小限のサービス保証を提供します。制限は、ノード上で消費できるコンピュートリソースの量を制限します。

スケジューラーは、クラスター内のすべてのノードにおけるコンピュートリソース使用の最適化を試行します。これは Pod のコンピュートリソース要求とノードの利用可能な容量を考慮に入れて Pod を特定のノードに配置します。

OpenShift Container Platform 管理者は、オーバーコミットのレベルを制御し、ノード上のコンテナーの密度を管理できるようになりました。クラスターレベルのオーバーコミットを ClusterResourceOverride Operator を使用して設定し、開発者用のコンテナーに設定された要求と制限の比率について上書きすることができます。ノードのオーバーコミットプロジェクトのメモリおよびCPUの制限とデフォルトと組み合わせて、リソースの制限と要求を調整して、必要なレベルのオーバーコミットを実現できます。

注記

OpenShift Container Platform では、クラスターレベルのオーバーコミットを有効にする必要があります。ノードのオーバーコミットはデフォルトで有効にされています。「ノードのオーバーコミットの無効化」を参照してください。

7.5.1. リソース要求とオーバーコミット

各コンピュートリソースについて、コンテナーはリソース要求および制限を指定できます。スケジューリングの決定は要求に基づいて行われ、ノードに要求される値を満たす十分な容量があることが確認されます。コンテナーが制限を指定するものの、要求を省略する場合、要求はデフォルトで制限値に設定されます。コンテナーは、ノードの指定される制限を超えることはできません。

制限の実施方法は、コンピュートリソースのタイプによって異なります。コンテナーが要求または制限を指定しない場合、コンテナーはリソース保証のない状態でノードにスケジュールされます。実際に、コンテナーはローカルの最も低い優先順位で利用できる指定リソースを消費できます。リソースが不足する状態では、リソース要求を指定しないコンテナーに最低レベルの QoS (Quality of Service) が設定されます。

スケジューリングは要求されるリソースに基づいて行われる一方で、クォータおよびハード制限はリソース制限のことを指しており、これは要求されるリソースよりも高い値に設定できます。要求と制限の間の差異は、オーバーコミットのレベルを定めるものとなります。 たとえば、コンテナーに 1Gi のメモリー要求と 2Gi のメモリー制限が指定される場合、コンテナーのスケジューリングはノードで 1Gi を利用可能とする要求に基づいて行われますが、 2Gi まで使用することができます。 そのため、この場合のオーバーコミットは 200% になります。