Menu Close

5.6.4. ポイズンピルオペレーターを使用するためのマシンヘルスチェックの構成

次の手順を使用して、Poison PillOperatorを修復プロバイダーとして使用するようにマシンヘルスチェックを構成します。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールします。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインしている。

手順

  1. PoisonPillRemediationTemplate CRを作成します。

    1. PoisonPillRemediationTemplate を定義します。

      apiVersion: poison-pill.medik8s.io/v1alpha1
      kind: PoisonPillRemediationTemplate
      metadata:
        namespace: openshift-machine-api
        name: poisonpillremediationtemplate-sample
      spec:
        template:
          spec: {}
    2. PoisonPillRemediationTemplate CRを作成するには、次のコマンドを実行します。

      $ oc create -f <ppr-name>.yaml
  2. PoisonPillRemediationTemplate CRを指すようにMachineHealthCheckCRを作成または更新します。

    1. MachineHealthCheckを定義または更新します。

      apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
      kind: MachineHealthCheck
      metadata:
        name: machine-health-check
        namespace: openshift-machine-api
      spec:
        selector:
          matchLabels:
            machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: "worker"
            machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: "worker"
        unhealthyConditions:
        - type:    "Ready"
          timeout: "300s"
          status: "False"
        - type:    "Ready"
          timeout: "300s"
          status: "Unknown"
        maxUnhealthy: "40%"
        nodeStartupTimeout: "10m"
        remediationTemplate: 1
          kind: PoisonPillRemediationTemplate
          apiVersion: poison-pill.medik8s.io/v1alpha1
          name: <poison-pill-remediation-template-sample>
      1
      修復テンプレートの詳細を指定します。
    2. MachineHealthCheck CRを作成するには、次のコマンドを実行します。

      $ oc create -f <file-name>.yaml
    3. MachineHealthCheck CRを更新するには、次のコマンドを実行します。

      $ oc apply -f <file-name>.yaml