Menu Close

3.2.3.2.2. 設定可能な優先順位

これらの優先順位を openshift-config namespace のスケジューラーポリシー設定マップに設定し、優先順位の機能に影響を与えるラベルを追加できます。

優先度関数のタイプは、それらが取る引数によって識別されます。これらは設定可能なため、ユーザー定義の名前が異なる場合に、同じタイプの (ただし設定パラメーターは異なる) 設定可能な複数の優先度を組み合わせることができます。

優先順位の使用方法については、スケジューラーポリシーの変更についての箇所を参照してください。

ServiceAntiAffinity の優先度はラベルを取り、ラベルの値に基づいてノードのグループ全体に同じサービスに属する Pod を適正に分散します。これは、指定されたラベルの同じ値を持つすべてのノードに同じスコアを付与します。また Pod が最も集中していないグループ内のノードにより高いスコアを付与します。

{
"kind": "Policy",
"apiVersion": "v1",

"priorities":[
    {
        "name":"<name>", 1
        "weight" : 1 2
        "argument":{
            "serviceAntiAffinity":{
                "label": "<label>" 3
                }
           }
       }
   ]
}
1
優先度の名前を指定します。
2
重みを指定します。ゼロ以外の正の値を指定します。
3
一致するラベルを指定します。

以下は例になります。

{
"kind": "Policy",
"apiVersion": "v1",
"priorities": [
    {
        "name":"RackSpread",
        "weight" : 1,
        "argument": {
            "serviceAntiAffinity": {
                "label": "rack"
                }
           }
       }
   ]
}
注記

カスタムラベルに基づいて ServiceAntiAffinity パラメーターを使用しても Pod を予想通りに展開できない場合があります。Red Hat ソリューション を参照してください。

labelPreference パラメーターは指定されたラベルに基づいて優先順位を指定します。ラベルがノードにある場合、そのノードに優先度が指定されます。ラベルが指定されていない場合は、優先度はラベルを持たないノードに指定されます。labelPreference パラメーターのある複数の優先度が設定されている場合、すべての優先度に同じ重みが付けられている必要があります。

{
"kind": "Policy",
"apiVersion": "v1",
"priorities":[
    {
        "name":"<name>", 1
        "weight" : 1 2
        "argument":{
            "labelPreference":{
                "label": "<label>", 3
                "presence": true 4
                }
            }
        }
    ]
}
1
優先度の名前を指定します。
2
重みを指定します。ゼロ以外の正の値を指定します。
3
一致するラベルを指定します。
4
ラベルが必要であるかを、true または false のいずれかで指定します。