5.3. メトリクスのクエリー

OpenShift Container Platform モニタリングダッシュボードでは、Prometheus のクエリー言語 (PromQL) クエリーを実行し、プロットに可視化されるメトリクスを検査できます。この機能により、クラスターの状態と、モニターしているユーザー定義のワークロードに関する情報が提供されます。

クラスター管理者 は、すべての OpenShift Container Platform のコアプロジェクトおよびユーザー定義プロジェクトのメトリックをクエリーできます。

開発者 として、メトリックのクエリー時にプロジェクト名を指定する必要があります。選択したプロジェクトのメトリックを表示するには、必要な権限が必要です。

5.3.1. クラスター管理者としてのすべてのプロジェクトのメトリックのクエリー

クラスター管理者またはすべてのプロジェクトの表示パーミッションを持つユーザーとして、メトリクス UI ですべてのデフォルト OpenShift Container Platform およびユーザー定義プロジェクトのメトリクスにアクセスできます。

注記

クラスター管理者のみが、OpenShift Container Platform Monitoring で提供されるサードパーティーの UI にアクセスできます。

前提条件

  • cluster-admin ロールまたはすべてのプロジェクトの表示パーミッションを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソール内の Administrator パースペクティブで、ObserveMetrics を選択します。
  2. Insert Metric at Cursor を選択し、事前に定義されたクエリーの一覧を表示します。
  3. カスタムクエリーを作成するには、Prometheus クエリー言語 (PromQL) のクエリーを Expression フィールドに追加します。
  4. 複数のクエリーを追加するには、Add Query を選択します。
  5. クエリーを削除するには、クエリーの横にある kebab を選択してから Delete query を選択します。
  6. クエリーの実行を無効にするには、クエリーの横にある kebab を選択してから Disable query を選択します。
  7. Run Queries を選択し、作成したクエリーを実行します。クエリーからのメトリクスはプロットで可視化されます。クエリーが無効な場合、UI にはエラーメッセージが表示されます。

    注記

    大量のデータで動作するクエリーは、時系列グラフの描画時にタイムアウトするか、またはブラウザーをオーバーロードする可能性があります。これを回避するには、Hide graph を選択し、メトリックテーブルのみを使用してクエリーを調整します。次に、使用できるクエリーを確認した後に、グラフを描画できるようにプロットを有効にします。

  8. オプション: ページ URL には、実行したクエリーが含まれます。このクエリーのセットを再度使用できるようにするには、この URL を保存します。

関連情報

5.3.2. 開発者が行うユーザー定義プロジェクトのメトリクスのクエリー

ユーザー定義のプロジェクトのメトリックには、開発者またはプロジェクトの表示パーミッションを持つユーザーとしてアクセスできます。

Developer パースペクティブには、選択したプロジェクトの事前に定義された CPU、メモリー、帯域幅、およびネットワークパケットのクエリーが含まれます。また、プロジェクトの CPU、メモリー、帯域幅、ネットワークパケットおよびアプリケーションメトリックについてカスタム Prometheus Query Language (PromQL) クエリーを実行することもできます。

注記

開発者は Developer パースペクティブのみを使用でき、Administrator パースペクティブは使用できません。開発者は、1 度に 1 つのプロジェクトのメトリクスのみをクエリーできます。開発者はコアプラットフォームコンポーネント用の OpenShift Container Platform モニタリングで提供されるサードパーティーの UI にアクセスできません。その代わりとして、ユーザー定義プロジェクトにメトリクス UI を使用します。

前提条件

  • 開発者として、またはメトリクスで表示しているプロジェクトの表示パーミッションを持つユーザーとしてクラスターへのアクセスがある。
  • ユーザー定義プロジェクトのモニタリングを有効にしている。
  • ユーザー定義プロジェクトにサービスをデプロイしている。
  • サービスのモニター方法を定義するために、サービスの ServiceMonitor カスタムリソース定義 (CRD) を作成している。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールの Developer パースペクティブから、ObserveMetrics を選択します。
  2. Project: 一覧でメトリックで表示するプロジェクトを選択します。
  3. Select Query 一覧からクエリーを選択するか、Show PromQL を選択してカスタム PromQL クエリーを実行します。

    注記

    Developer パースペクティブでは、1 度に 1 つのクエリーのみを実行できます。

関連情報

関連情報

5.3.3. 視覚化されたメトリクスの使用

クエリーの実行後に、メトリクスが対話式プロットに表示されます。プロットの X 軸は時間を表し、Y 軸はメトリクスの値を表します。各メトリクスは、グラフ上の色付きの線で表示されます。プロットを対話的に操作し、メトリクスを参照できます。

手順

Administrator パースペクティブで、以下を行います。

  1. 最初に、有効な全クエリーの全メトリクスがプロットに表示されます。表示されるメトリクスを選択できます。

    注記

    デフォルトでは、クエリーテーブルに、すべてのメトリクスとその現在の値を一覧表示する拡張ビューが表示されます。˅ を選択すると、クエリーの拡張ビューを最小にすることができます。

    • クエリーからすべてのメトリクスを非表示にするには、クエリーの kebab をクリックし、Hide all series をクリックします。
    • 特定のメトリクスを非表示にするには、クエリーテーブルに移動し、メトリクス名の横にある色の付いた四角をクリックします。
  2. プロットをズームアップし、時間範囲を変更するには、以下のいずれかを行います。

    • プロットを水平にクリックし、ドラッグして、時間範囲を視覚的に選択します。
    • 左上隅のメニューを使用して、時間範囲を選択します。
  3. 時間の範囲をリセットするには、Reset Zoom を選択します。
  4. 特定の時点のすべてのクエリーの出力を表示するには、その時点のプロットにてマウスのカーソルを保持します。クエリーの出力はポップアップに表示されます。
  5. プロットを非表示にするには、Hide Graph を選択します。

Developer パースペクティブ:

  1. プロットをズームアップし、時間範囲を変更するには、以下のいずれかを行います。

    • プロットを水平にクリックし、ドラッグして、時間範囲を視覚的に選択します。
    • 左上隅のメニューを使用して、時間範囲を選択します。
  2. 時間の範囲をリセットするには、Reset Zoom を選択します。
  3. 特定の時点のすべてのクエリーの出力を表示するには、その時点のプロットにてマウスのカーソルを保持します。クエリーの出力はポップアップに表示されます。

関連情報