3.3. デフォルトの Grafana デプロイメントの無効化

デフォルトでは、読み取り専用の Grafana インスタンスは、クラスターメトリクスを表示するダッシュボードのコレクションと共にデプロイされます。Grafana インスタンスは、ユーザー側で設定できません。

Grafana デプロイメントを無効にすると、関連するリソースがクラスターから削除されます。これらのダッシュボードを必要とせずに、クラスターのリソースを節約するには、以下を行うことができます。ただし、引き続き Web コンソールに含まれるメトリクスおよびダッシュボードを表示できます。Grafana はいつでも再度有効化することができます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • cluster-monitoring-configConfigMap オブジェクトを作成している。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. openshift-monitoring プロジェクトで cluster-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

    $ oc -n openshift-monitoring edit configmap cluster-monitoring-config
  2. grafana コンポーネントの enabled: falsedata/config.yaml の下に追加します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: cluster-monitoring-config
      namespace: openshift-monitoring
    data:
      config.yaml: |
        grafana:
          enabled: false
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。リソースは、変更を適用したら、自動的に削除されます。

    警告

    この変更により、Prometheus および Thanos Querier など、一部のコンポーネントが生成されます。これにより、永続ストレージの設定のセクションの手順が完了していない場合に、収集されたメトリクスが失われる可能性があります。

  4. Grafana Pod が実行されていないことを確認します。以下の例は、openshift-monitoring プロジェクトの Pod のステータスを一覧表示します。

    $ oc -n openshift-monitoring get pods
    注記

    これらの Pod を終了するまでに数分かかる場合があります。

関連情報