4.6. ユーザー定義プロジェクトのモニタリングの無効化

ユーザー定義プロジェクトのモニタリングを有効にした後に、クラスターモニタリング ConfigMap オブジェクトに enableUserWorkload: false を設定してこれを再度無効にできます。

注記

または、enableUserWorkload: true を削除して、ユーザー定義プロジェクトのモニタリングを無効にできます。

手順

  1. cluster-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

    $ oc -n openshift-monitoring edit configmap cluster-monitoring-config
    1. data/config.yamlenableUserWorkload:false に設定します。

      apiVersion: v1
      kind: ConfigMap
      metadata:
        name: cluster-monitoring-config
        namespace: openshift-monitoring
      data:
        config.yaml: |
          enableUserWorkload: false
  2. 変更を適用するためにファイルを保存します。ユーザー定義プロジェクトのモニタリングは自動的に無効になります。
  3. prometheus-operatorprometheus-user-workload および thanos-ruler-user-workload Pod が openshift-user-workload-monitoring プロジェクトで終了していることを確認します。これには少し時間がかかる場合があります。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get pod

    出力例

    No resources found in openshift-user-workload-monitoring project.

注記

openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトは、ユーザー定義プロジェクトのモニタリングが無効にされている場合は自動的に削除されません。これにより、ConfigMap で作成した可能性のあるカスタム設定を保持されます。