第5章 Migration Toolkit for Containers のアップグレード

Migration Toolkit for Containers (MTC) は Operator Lifecycle Manager を使用して OpenShift Container Platform 4.9 でアップグレードできます。

従来の Migration Toolkit for Containers Operator を再インストールすることにより、OpenShift Container Platform 4.5 以前のバージョンで MTC をアップグレードできます。

重要

MTC バージョン 1.3 からアップグレードする場合、MigPlan カスタムリソース (CR) を更新する追加の手順を実行する必要があります。

5.1. OpenShift Container Platform 4.9 での MTC(Migration Toolkit for Containers) のアップグレード

Migration Toolkit for Containers (MTC) は Operator Lifecycle Manager を使用して OpenShift Container Platform 4.9 でアップグレードできます。

前提条件

  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインしている。

手順

  1. OpenShift Container Platform コンソールで、OperatorsInstalled Operators に移動します。

    更新が保留中の Operator は Upgrade available のステータスを表示します。

  2. Migration Toolkit for Containers Operator をクリックします。
  3. Subscription タブをクリックします。アップグレードの承認を必要とするアップグレードは、Upgrade Status の横に表示されます。たとえば、1 requires approval が表示される可能性があります。
  4. 1 requires approval をクリックしてから、Preview Install Plan をクリックします。
  5. アップグレードに利用可能なリソースとして一覧表示されているリソースを確認し、Approve をクリックします。
  6. Operators → Installed Operators ページに戻り、アップグレードの進捗をモニターします。完了時に、ステータスは Succeeded および Up to date に変更されます。
  7. WorkloadsPods をクリックし、MTC Pod が実行されていることを確認します。