3.5. レプリケーションリポジトリーの設定

オブジェクトストレージをレプリケーションリポジトリーとして使用するように設定する必要があります。MTC (Migration Toolkit for Containers) は、データをソースクラスターからレプリケーションリポジトリーにコピーしてから、レプリケーションリポジトリーからターゲットクラスターにコピーします。

MTC は、ソースクラスターからターゲットクラスターにデータを移行するために、ファイルシステムおよびスナップショットによるデータのコピー方法 をサポートします。ご使用の環境に適しており、ストレージプロバイダーでサポートされる方法を選択します。

MTC は、以下のストレージプロバイダーをサポートしています。

3.5.1. 前提条件

  • すべてのクラスターには、レプリケーションリポジトリーへの中断されないネットワークアクセスが必要です。
  • 内部でホストされるレプリケーションリポジトリーでプロキシーサーバーを使用する場合は、プロキシーがレプリケーションリポジトリーへのアクセスを許可することを確認する必要があります。

3.5.2. Multicloud Object Gateway の認証情報の取得

MCG を Migration Toolkit for Containers (MTC) のレプリケーションリポジトリーとして設定するには、Multicloud Object Gateway (MCG) 認証情報と S3 エンドポイントを取得する必要があります。OpenShift API for Data Protection (OADP) の Secret カスタムリソース (CR) を作成するには、Multicloud Object Gateway (MCG) 認証情報を取得する必要があります。

MCG は OpenShift Container Storage のコンポーネントです。

前提条件

手順

  1. NooBaa カスタムリソースで describe コマンドを実行して、S3 エンドポイントである AWS_ACCESS_KEY_ID および AWS_SECRET_ACCESS_KEY を取得します。

    これらの認証情報を使用して、MCG をレプリケーションリポジトリーとして追加します。

3.5.3. Amazon Web Services の設定

Amazon Web Services (AWS) S3 オブジェクトストレージを、Migration Toolkit for Containers (MTC) のレプリケーションリポジトリーとして設定します。

前提条件

  • AWS CLI がインストールされていること。
  • AWS S3 ストレージバケットは、ソースクラスターおよびターゲットクラスターからアクセスできる必要があります。
  • スナップショットのコピー方法を使用する場合は、以下の条件を満たす必要があります。

    • EC2 Elastic Block Storage (EBS) にアクセスできる必要があります。
    • ソースおよびターゲットクラスターが同じリージョンにある必要があります。
    • ソースおよびターゲットクラスターには、同じストレージクラスがある必要があります。
    • ストレージクラスはスナップショットと互換性がある必要があります。

手順

  1. BUCKET 変数を設定します。

    $ BUCKET=<your_bucket>
  2. REGION 変数を設定します。

    $ REGION=<your_region>
  3. AWS S3 バケットを作成します。

    $ aws s3api create-bucket \
        --bucket $BUCKET \
        --region $REGION \
        --create-bucket-configuration LocationConstraint=$REGION 1
    1
    us-east-1LocationConstraint をサポートしていません。お住まいの地域が us-east-1 の場合は、--create-bucket-configuration LocationConstraint=$REGION を省略してください。
  4. IAM ユーザーを作成します。

    $ aws iam create-user --user-name velero 1
    1
    Velero を使用して複数の S3 バケットを持つ複数のクラスターをバックアップする場合は、クラスターごとに一意のユーザー名を作成します。
  5. velero-policy.json ファイルを作成します。

    $ cat > velero-policy.json <<EOF
    {
        "Version": "2012-10-17",
        "Statement": [
            {
                "Effect": "Allow",
                "Action": [
                    "ec2:DescribeVolumes",
                    "ec2:DescribeSnapshots",
                    "ec2:CreateTags",
                    "ec2:CreateVolume",
                    "ec2:CreateSnapshot",
                    "ec2:DeleteSnapshot"
                ],
                "Resource": "*"
            },
            {
                "Effect": "Allow",
                "Action": [
                    "s3:GetObject",
                    "s3:DeleteObject",
                    "s3:PutObject",
                    "s3:AbortMultipartUpload",
                    "s3:ListMultipartUploadParts"
                ],
                "Resource": [
                    "arn:aws:s3:::${BUCKET}/*"
                ]
            },
            {
                "Effect": "Allow",
                "Action": [
                    "s3:ListBucket",
                    "s3:GetBucketLocation",
                    "s3:ListBucketMultipartUploads"
                ],
                "Resource": [
                    "arn:aws:s3:::${BUCKET}"
                ]
            }
        ]
    }
    EOF
  6. ポリシーを添付して、velero ユーザーに必要最小限の権限を付与します。

    $ aws iam put-user-policy \
      --user-name velero \
      --policy-name velero \
      --policy-document file://velero-policy.json
  7. velero ユーザーのアクセスキーを作成します。

    $ aws iam create-access-key --user-name velero

    出力例

    {
      "AccessKey": {
            "UserName": "velero",
            "Status": "Active",
            "CreateDate": "2017-07-31T22:24:41.576Z",
            "SecretAccessKey": <AWS_SECRET_ACCESS_KEY>,
            "AccessKeyId": <AWS_ACCESS_KEY_ID>
      }
    }

    AWS_SECRET_ACCESS_KEYAWS_ACCESS_KEY_ID を記録します。認証情報を使用して、AWS をレプリケーションリポジトリーとして追加します。

3.5.4. Google Cloud Provider の設定

Google Cloud Provider (GCP) ストレージバケットを MTC (Migration Toolkit for Containers) のレプリケーションリポジトリーとして設定します。

前提条件

  • gcloud および gsutil CLI ツールがインストールされている必要があります。詳細は、Google Cloud のドキュメント をご覧ください。
  • GCP ストレージバケットは、ソースクラスターおよびターゲットクラスターからアクセスできる必要があります。
  • スナップショットのコピー方法を使用する場合は、以下の条件を満たす必要があります。

    • ソースおよびターゲットクラスターが同じリージョンにある必要があります。
    • ソースおよびターゲットクラスターには、同じストレージクラスがある必要があります。
    • ストレージクラスはスナップショットと互換性がある必要があります。

手順

  1. GCP にログインします。

    $ gcloud auth login
  2. BUCKET 変数を設定します。

    $ BUCKET=<bucket> 1
    1
    バケット名を指定します。
  3. ストレージバケットを作成します。

    $ gsutil mb gs://$BUCKET/
  4. PROJECT_ID 変数をアクティブなプロジェクトに設定します。

    $ PROJECT_ID=$(gcloud config get-value project)
  5. サービスアカウントを作成します。

    $ gcloud iam service-accounts create velero \
        --display-name "Velero service account"
  6. サービスアカウントを一覧表示します。

    $ gcloud iam service-accounts list
  7. email の値と一致するように SERVICE_ACCOUNT_EMAIL 変数を設定します。

    $ SERVICE_ACCOUNT_EMAIL=$(gcloud iam service-accounts list \
        --filter="displayName:Velero service account" \
        --format 'value(email)')
  8. ポリシーを添付して、velero ユーザーに必要最小限の権限を付与します。

    $ ROLE_PERMISSIONS=(
        compute.disks.get
        compute.disks.create
        compute.disks.createSnapshot
        compute.snapshots.get
        compute.snapshots.create
        compute.snapshots.useReadOnly
        compute.snapshots.delete
        compute.zones.get
    )
  9. velero.server カスタムロールを作成します。

    $ gcloud iam roles create velero.server \
        --project $PROJECT_ID \
        --title "Velero Server" \
        --permissions "$(IFS=","; echo "${ROLE_PERMISSIONS[*]}")"
  10. IAM ポリシーバインディングをプロジェクトに追加します。

    $ gcloud projects add-iam-policy-binding $PROJECT_ID \
        --member serviceAccount:$SERVICE_ACCOUNT_EMAIL \
        --role projects/$PROJECT_ID/roles/velero.server
  11. IAM サービスアカウントを更新します。

    $ gsutil iam ch serviceAccount:$SERVICE_ACCOUNT_EMAIL:objectAdmin gs://${BUCKET}
  12. IAM サービスアカウントのキーを現在のディレクトリーにある credentials-velero ファイルに保存します。

    $ gcloud iam service-accounts keys create credentials-velero \
        --iam-account $SERVICE_ACCOUNT_EMAIL

    credentials-velero ファイルを使用して、GCP をレプリケーションリポジトリーとして追加します。

3.5.5. Microsoft Azure の設定

Microsoft Azure Blob ストレージコンテナーを MTC (Migration Toolkit for Containers) のレプリケーションリポジトリーとして設定します。

前提条件

  • Azure CLI がインストールされていること。
  • Azure Blob ストレージコンテナーがソースクラスターおよびターゲットクラスターからアクセスできること。
  • スナップショットのコピー方法を使用する場合は、以下の条件を満たす必要があります。

    • ソースおよびターゲットクラスターが同じリージョンにある必要があります。
    • ソースおよびターゲットクラスターには、同じストレージクラスがある必要があります。
    • ストレージクラスはスナップショットと互換性がある必要があります。

手順

  1. Azure にログインします。

    $ az login
  2. AZURE_RESOURCE_GROUP 変数を設定します。

    $ AZURE_RESOURCE_GROUP=Velero_Backups
  3. Azure リソースグループを作成します。

    $ az group create -n $AZURE_RESOURCE_GROUP --location CentralUS 1
    1
    場所を指定します。
  4. AZURE_STORAGE_ACCOUNT_ID 変数を設定します。

    $ AZURE_STORAGE_ACCOUNT_ID="velero$(uuidgen | cut -d '-' -f5 | tr '[A-Z]' '[a-z]')"
  5. Azure ストレージアカウントを作成します。

    $ az storage account create \
        --name $AZURE_STORAGE_ACCOUNT_ID \
        --resource-group $AZURE_RESOURCE_GROUP \
        --sku Standard_GRS \
        --encryption-services blob \
        --https-only true \
        --kind BlobStorage \
        --access-tier Hot
  6. BLOB_CONTAINER 変数を設定します。

    $ BLOB_CONTAINER=velero
  7. Azure Blob ストレージコンテナーを作成します。

    $ az storage container create \
      -n $BLOB_CONTAINER \
      --public-access off \
      --account-name $AZURE_STORAGE_ACCOUNT_ID
  8. velero のサービスプリンシパルおよび認証情報を作成します。

    $ AZURE_SUBSCRIPTION_ID=`az account list --query '[?isDefault].id' -o tsv` \
      AZURE_TENANT_ID=`az account list --query '[?isDefault].tenantId' -o tsv` \
      AZURE_CLIENT_SECRET=`az ad sp create-for-rbac --name "velero" \
      --role "Contributor" --query 'password' -o tsv` \
      AZURE_CLIENT_ID=`az ad sp list --display-name "velero" \
      --query '[0].appId' -o tsv`
  9. サービスプリンシパルの認証情報を credentials-velero ファイルに保存します。

    $ cat << EOF > ./credentials-velero
    AZURE_SUBSCRIPTION_ID=${AZURE_SUBSCRIPTION_ID}
    AZURE_TENANT_ID=${AZURE_TENANT_ID}
    AZURE_CLIENT_ID=${AZURE_CLIENT_ID}
    AZURE_CLIENT_SECRET=${AZURE_CLIENT_SECRET}
    AZURE_RESOURCE_GROUP=${AZURE_RESOURCE_GROUP}
    AZURE_CLOUD_NAME=AzurePublicCloud
    EOF

    credentials-velero ファイルを使用して、Azure をレプリケーションリポジトリーとして追加します。

3.5.6. 関連情報