Menu Close

5.4. イメージプルシークレットの使用

OpenShift Container Platform の内部レジストリーを使用し、同じプロジェクトにあるイメージストリームからプルしている場合は、Pod のサービスアカウントに適切なパーミッションがすでに設定されているために追加のアクションは不要です。

ただし、OpenShift Container Platform プロジェクト全体でイメージを参照する場合や、セキュリティー保護されたレジストリーからイメージを参照するなどの他のシナリオでは、追加の設定手順が必要になります。

イメージの プルシークレットは、Red Hat OpenShift Cluster Manager から取得 できます。このプルシークレットは pullSecret と呼ばれます。

このプルシークレットを使用し、OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージを提供する組み込まれた各種の認証局 (Quay.io および registry.redhat.io) によって提供されるサービスで認証できます。

5.4.1. Pod が複数のプロジェクト間でイメージを参照できるようにする設定

内部レジストリーを使用している場合で project-a の Pod が project-b のイメージを参照できるようにするには、project-a のサービスアカウントが project-bsystem:image-puller ロールにバインドされている必要があります。

注記

Pod サービスアカウントまたは namespace を作成するときは、サービスアカウントが Docker プルシークレットでプロビジョニングされるまで待ちます。サービスアカウントが完全にプロビジョニングされる前に Pod を作成すると、Pod は OpenShift Container Platform の内部レジストリーにアクセスできません。

手順

  1. project-a の Pod が project-b のイメージを参照できるようにするには、project-a のサービスアカウントを project-bsystem:image-puller ロールにバインドします。

    $ oc policy add-role-to-user \
        system:image-puller system:serviceaccount:project-a:default \
        --namespace=project-b

    このロールを追加すると、デフォルトのサービスアカウントを参照する project-a の Pod は project-b からイメージをプルできるようになります。

  2. project-a のすべてのサービスアカウントにアクセスを許可するには、グループを使用します。

    $ oc policy add-role-to-group \
        system:image-puller system:serviceaccounts:project-a \
        --namespace=project-b