Menu Close

10.4.3. オブジェクト一覧の生成

CLI を使用して、標準出力にオブジェクト一覧を返すテンプレートを定義するファイルを処理できます。

手順

  1. 標準出力にオブジェクト一覧を返すテンプレートを定義するファイルを処理します。

    $ oc process -f <filename>

    または、テンプレートがすでに現在のプロジェクトにアップロードされている場合には以下を実行します。

    $ oc process <template_name>
  2. テンプレートを処理し、oc create の出力をパイプして、テンプレートからオブジェクトを作成します。

    $ oc process -f <filename> | oc create -f -

    または、テンプレートがすでに現在のプロジェクトにアップロードされている場合には以下を実行します。

    $ oc process <template> | oc create -f -
  3. 上書きする <name>=<value> の各ペアに、-p オプションを追加することで、ファイルに定義されたパラメーターの値を上書きできます。パラメーター参照は、テンプレートアイテム内のテキストフィールドに表示されます。

    たとえば、テンプレートの以下の POSTGRESQL_USER および POSTGRESQL_DATABASE パラメーターを上書きし、カスタマイズされた環境変数の設定を出力します。

    1. テンプレートからのオブジェクト一覧の作成

      $ oc process -f my-rails-postgresql \
          -p POSTGRESQL_USER=bob \
          -p POSTGRESQL_DATABASE=mydatabase
    2. JSON ファイルは、ファイルにリダイレクトすることも、oc create コマンドで処理済みの出力をパイプして、テンプレートをアップロードせずに直接適用することも可能です。

      $ oc process -f my-rails-postgresql \
          -p POSTGRESQL_USER=bob \
          -p POSTGRESQL_DATABASE=mydatabase \
          | oc create -f -
    3. 多数のパラメーターがある場合は、それらをファイルに保存してからそのファイルを oc process に渡すことができます。

      $ cat postgres.env
      POSTGRESQL_USER=bob
      POSTGRESQL_DATABASE=mydatabase
      $ oc process -f my-rails-postgresql --param-file=postgres.env
    4. --param-file の引数として "-" を使用して、標準入力から環境を読み込むこともできます。

      $ sed s/bob/alice/ postgres.env | oc process -f my-rails-postgresql --param-file=-