Menu Close

3.4. 代替のレジストリーまたはミラーリングされたレジストリーでの Cluster Samples Operator イメージストリームの使用

Cluster Samples Operator によって管理される openshift namespace のほとんどのイメージストリームは、Red Hat レジストリーの registry.redhat.io にあるイメージを参照します。

重要

jenkinsjenkins-agent-maven、および jenkins-agent-nodejs イメージストリームは、インストールペイロードからのもので、Samples Operator によって管理されます。

Sample Operator 設定ファイルの samplesRegistry フィールドの registry.redhat.io への設定は、これはすでに Jenkins イメージおよびイメージストリーム以外のすべての registry.redhat.io に送信されているため不要になります。

注記

cliinstallermust-gather、および tests イメージストリームはインストールペイロードの一部ですが、Cluster Samples Operator によって管理されません。これらについては、この手順で扱いません。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてのクラスターへのアクセスがあること。
  • ミラーレジストリーのプルシークレットの作成。

手順

  1. ミラーリングする特定のイメージストリームのイメージにアクセスします。

    $ oc get is <imagestream> -n openshift -o json | jq .spec.tags[].from.name | grep registry.redhat.io
  2. 必要なイメージストリームに関連付けられた registry.redhat.io のイメージをミラーリングします。

    $ oc image mirror registry.redhat.io/rhscl/ruby-25-rhel7:latest ${MIRROR_ADDR}/rhscl/ruby-25-rhel7:latest
  3. クラスターのイメージ設定オブジェクトを作成します。

    $ oc create configmap registry-config --from-file=${MIRROR_ADDR_HOSTNAME}..5000=$path/ca.crt -n openshift-config
  4. クラスターのイメージ設定オブジェクトに、ミラーに必要な信頼される CA を追加します。

    $ oc patch image.config.openshift.io/cluster --patch '{"spec":{"additionalTrustedCA":{"name":"registry-config"}}}' --type=merge
  5. Cluster Samples Operator 設定オブジェクトの samplesRegistry フィールドを、ミラー設定で定義されたミラーの場所の hostname の部分を含むように更新します。

    $ oc edit configs.samples.operator.openshift.io -n openshift-cluster-samples-operator
    注記

    これは、イメージストリームのインポートプロセスでミラーまたは検索メカニズムが使用されないので必要になります。

  6. Cluster Samples Operator 設定オブジェクトの skippedImagestreams フィールドにミラーリングされないイメージストリームを追加します。または、サンプルイメージストリームのいずれもサポートする必要がない場合は、Cluster Samples Operator を Cluster Samples Operator 設定オブジェクトの Removed に設定します。

    注記

    Cluster Samples Operator は、イメージストリームのインポートに失敗した場合にアラートを発行しますが、Cluster Samples Operator は定期的に再試行する場合もあれば、それらを再試行していないように見える場合もあります。

    openshift namespace のテンプレートの多くはイメージストリームを参照します。そのため、Removed を使用してイメージストリームとテンプレートの両方を除去すると、イメージストリームのいずれかが欠落しているためにテンプレートが正常に機能しない場合にテンプレートの使用を試行する可能性がなくなります。

3.4.1. ミラーリングの Cluster Samples Operator のサポート

インストール時に、OpenShift Container Platform は imagestreamtag-to-image という名前の設定マップを openshift-cluster-samples-operator namespace に作成します。imagestreamtag-to-image 設定マップには、各イメージストリームタグのエントリー (設定されるイメージ) が含まれます。

設定マップの data フィールドの各エントリーのキーの形式は、<image_stream_name>_<image_stream_tag_name> です。

OpenShift Container Platform の非接続インストール時に、Cluster Samples Operator のステータスは Removed に設定されます。これを Managed に変更することを選択する場合、サンプルがインストールされます。

注記

ネットワークが制限されている環境または切断されている環境でサンプルを使用するには、ネットワークの外部のサービスにアクセスする必要がある場合があります。サービスの例には、Github、Maven Central、npm、RubyGems、PyPi などがあります。クラスターサンプルオペレーターのオブジェクトが必要なサービスに到達できるようにするために、追加の手順を実行する必要がある場合があります。

この設定マップを、イメージストリームがインポートできるようにミラーリングする必要のあるイメージについての参照情報として使用できます。

  • Cluster Samples Operator が Removed に設定される場合、ミラーリングされたレジストリーを作成するか、または使用する必要のある既存のミラーリングされたレジストリーを判別できます。
  • 新しい設定マップをガイドとして使用し、ミラーリングされたレジストリーに必要なサンプルをミラーリングします。
  • Cluster Samples Operator 設定オブジェクトの skippedImagestreams 一覧に、ミラーリングされていないイメージストリームを追加します。
  • Cluster Samples Operator 設定オブジェクトの samplesRegistry をミラーリングされたレジストリーに設定します。
  • 次に、Cluster Samples Operator を Managed に設定し、ミラーリングしたイメージストリームをインストールします。

詳細の手順については、代替のレジストリーまたはミラーリングされたレジストリーでの Cluster Samples Operator イメージストリームの使用について参照してください。