Menu Close

12.2.9. Jenkins Kubernetes プラグインの使用

以下の例では、openshift-jee-sample BuildConfig オブジェクトにより、Jenkins Maven エージェント Pod が動的にプロビジョニングされます。Pod は Java ソースコードをクローンし、WAR ファイルを作成して、2 番目の BuildConfigopenshift-jee-sample-docker を実行します。2 番目の BuildConfig は、新しい WAR ファイルをコンテナーイメージに階層化します。

Jenkins Kubernetes プラグインを使用した BuildConfig の例

kind: List
apiVersion: v1
items:
- kind: ImageStream
  apiVersion: image.openshift.io/v1
  metadata:
    name: openshift-jee-sample
- kind: BuildConfig
  apiVersion: build.openshift.io/v1
  metadata:
    name: openshift-jee-sample-docker
  spec:
    strategy:
      type: Docker
    source:
      type: Docker
      dockerfile: |-
        FROM openshift/wildfly-101-centos7:latest
        COPY ROOT.war /wildfly/standalone/deployments/ROOT.war
        CMD $STI_SCRIPTS_PATH/run
      binary:
        asFile: ROOT.war
    output:
      to:
        kind: ImageStreamTag
        name: openshift-jee-sample:latest
- kind: BuildConfig
  apiVersion: build.openshift.io/v1
  metadata:
    name: openshift-jee-sample
  spec:
    strategy:
      type: JenkinsPipeline
      jenkinsPipelineStrategy:
        jenkinsfile: |-
          node("maven") {
            sh "git clone https://github.com/openshift/openshift-jee-sample.git ."
            sh "mvn -B -Popenshift package"
            sh "oc start-build -F openshift-jee-sample-docker --from-file=target/ROOT.war"
          }
    triggers:
    - type: ConfigChange

動的に作成された Jenkins エージェント Pod の仕様を上書きすることも可能です。以下は、コンテナーメモリーを上書きして、環境変数を指定するように先の例を変更しています。

Jenkins Kubernetes プラグインを使用した BuildConfig の例 (メモリー制限および環境変数の指定)

kind: BuildConfig
apiVersion: build.openshift.io/v1
metadata:
  name: openshift-jee-sample
spec:
  strategy:
    type: JenkinsPipeline
    jenkinsPipelineStrategy:
      jenkinsfile: |-
        podTemplate(label: "mypod", 1
                    cloud: "openshift", 2
                    inheritFrom: "maven", 3
                    containers: [
            containerTemplate(name: "jnlp", 4
                              image: "openshift/jenkins-agent-maven-35-centos7:v3.10", 5
                              resourceRequestMemory: "512Mi", 6
                              resourceLimitMemory: "512Mi", 7
                              envVars: [
              envVar(key: "CONTAINER_HEAP_PERCENT", value: "0.25") 8
            ])
          ]) {
          node("mypod") { 9
            sh "git clone https://github.com/openshift/openshift-jee-sample.git ."
            sh "mvn -B -Popenshift package"
            sh "oc start-build -F openshift-jee-sample-docker --from-file=target/ROOT.war"
          }
        }
  triggers:
  - type: ConfigChange

1
mypod という名前の新しい Pod テンプレートが動的に定義されます。この新しい Pod テンプレート名はノードのスタンザで参照されます。
2
cloud の値は openshift に設定する必要があります。
3
新しい Pod テンプレートは、既存の Pod テンプレートから設定を継承できます。この場合、OpenShift Container Platform で事前定義された Maven Pod テンプレートから継承されます。
4
この例では、既存のコンテナーの値を上書きし、名前で指定する必要があります。OpenShift Container Platform に含まれる Jenkins エージェントイメージはすべて、コンテナー名として jnlp を使用します。
5
再びコンテナーイメージ名を指定します。これは既知の問題です。
6
512 Mi のメモリー要求を指定します。
7
512 Mi のメモリー制限を指定します。
8
環境変数 CONTAINER_HEAP_PERCENT に値 0.25 を指定します。
9
ノードスタンザは、定義された Pod テンプレート名を参照します。

デフォルトで、Pod はビルドの完了時に削除されます。この動作は、プラグインを使用して、またはパイプライン Jenkinsfile 内で変更できます。