Menu Close

12.2.3. Jenkins へのプロジェクト間のアクセスの提供

同じプロジェクト以外で Jenkins を実行する場合には、プロジェクトにアクセスするために、Jenkins にアクセストークンを提供する必要があります。

手順

  1. サービスアカウントのシークレットを特定します。そのアカウントには、Jenkins がアクセスする必要のあるプロジェクトにアクセスするための適切なパーミッションがあります。

    $ oc describe serviceaccount jenkins

    出力例

    Name:       default
    Labels:     <none>
    Secrets:    {  jenkins-token-uyswp    }
                {  jenkins-dockercfg-xcr3d    }
    Tokens:     jenkins-token-izv1u
                jenkins-token-uyswp

    ここでは、シークレットの名前は jenkins-token-uyswp です。

  2. シークレットからトークンを取得します。

    $ oc describe secret <secret name from above>

    出力例

    Name:       jenkins-token-uyswp
    Labels:     <none>
    Annotations:    kubernetes.io/service-account.name=jenkins,kubernetes.io/service-account.uid=32f5b661-2a8f-11e5-9528-3c970e3bf0b7
    Type:   kubernetes.io/service-account-token
    Data
    ====
    ca.crt: 1066 bytes
    token:  eyJhbGc..<content cut>....wRA

    トークンパラメーターには、Jenkins がプロジェクトにアクセスするために必要とするトークンの値が含まれます。