Menu Close

12.3.4. Jenkins エージェントの Gradle ビルド

OpenShift Container Platform の Jenkins エージェントで Gradle ビルドをホストすると、Jenkins JNLP エージェントおよび Gradle JVM に加え、テストが指定されている場合に Gradle が 3 番目の JVM を起動してテストを実行するので、さらに複雑になります。

以下の設定は、OpenShift Container Platform でメモリーに制約がある Jenkins エージェントの Gradle ビルドを実行する場合の開始点として推奨されます。必要に応じて、これらの設定を変更することができます。

  • gradle.properties ファイルに org.gradle.daemon=false を追加して、有効期間の長い (long-lived) Gradle デーモンを無効にするようにします。
  • gradle.properties ファイルで org.gradle.parallel=true が設定されていないこと、また、コマンドラインの引数として --parallel が設定されていないことを確認して、並行ビルドの実行を無効にします。
  • java { options.fork = false }build.gradle ファイルに設定して、プロセス以外で Java がコンパイルされないようにします.
  • build.gradle ファイルで test { maxParallelForks = 1 } が設定されていることを確認して、複数の追加テストプロセスを無効にします。
  • GRADLE_OPTSJAVA_OPTS、または JAVA_TOOL_OPTIONS 環境変数で、Gradle JVM メモリーパラメーターを上書きします。
  • build.gradlemaxHeapSize および jvmArgs 設定を定義するか、-Dorg.gradle.jvmargs コマンドライン引数を使用して、Gradle テスト JVM に最大ヒープサイズと JVM の引数を設定します。