Menu Close

12.3. Jenkins エージェント

OpenShift Container Platform では、Jenkins エージェントとして使用するのに適したイメージを 3 つのイメージ (BaseMaven、および Node.js) を提供します。

1 番目は、Jenkins エージェントのベースイメージです。

  • 必須のツール (ヘッドレス Java、Jenkins JNLP クライアント) と有用なツール (gittarzipnss など) の両方を取り入れます。
  • JNLP エージェントをエントリーポイントとして確立します。
  • Jenkins ジョブ内からコマンドラインの操作を呼び出す oc クライアントツールが含まれます。
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) および localdev イメージの両方の Dockerfile を提供します。

ベースイメージを拡張するイメージがさらに 2 つ提供されます。

  • Maven v3.5 イメージ
  • Node.js v10 イメージおよび Node.js v12 イメージ

Maven および Node.js Jenkins エージェントイメージは、新しいエージェントイメージをビルドする際に参照できる Universal Base Image (UBI) 用の Dockerfile を提供します。contrib および contrib/bin サブディレクトリーにも注目してください。このサブディレクトリーでは、イメージの設定ファイルや実行可能なスクリプトの挿入が可能です。

重要

OpenShift Container Platform のバージョンに適したエージェントイメージバージョンを使用し、継承します。エージェントイメージに埋め込まれた oc クライアントバージョンが OpenShift Container Platform バージョンと互換性がない場合、予期しない動作が発生する可能性があります。

12.3.1. Jenkins エージェントイメージ

OpenShift Container Platform Jenkins エージェントイメージは Quay.io または registry.redhat.io で利用できます。

Jenkins イメージは、Red Hat レジストリーから入手できます。

$ docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-jenkins:<v4.5.0>
$ docker pull registry.redhat.io/openshift4/jenkins-agent-nodejs-10-rhel7:<v4.5.0>
$ docker pull registry.redhat.io/openshift4/jenkins-agent-nodejs-12-rhel7:<v4.5.0>
$ docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-jenkins-agent-maven:<v4.5.0>
$ docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-jenkins-agent-base:<v4.5.0>

これらのイメージを使用するには、Quay.io または registry.redhat.io から直接アクセスするか、ご自身の OpenShift Container Platform コンテナーイメージレジストリーにプッシュしてください。