Menu Close

5.2.3. タグのイメージストリームへの追加

OpenShift Container Platform のイメージストリームは、タグで識別される 0 個以上のコンテナーイメージで構成されます。

各種のタグを利用できます。デフォルト動作では、特定の時点の特定のイメージを参照する永続 タグを使用します。permanent タグが使用され、ソースが変更される場合、タグは宛先について変更されません。

tracking タグの場合は、宛先タグのメタデータがソースタグのインポート時に更新されます。

手順

  • oc tag コマンドを使用して、タグをイメージストリームに追加できます。

    $ oc tag <source> <destination>

    たとえば、ruby イメージストリームの static-2.0 タグを ruby イメージストリーム 2.0 タグの現行のイメージを常に参照するように設定するには、以下を実行します。

    $ oc tag ruby:2.0 ruby:static-2.0

    これにより、ruby イメージストリームに static-2.0 という名前のイメージストリームタグが新たに作成されます。この新規タグは、oc tag の実行時に ruby:2.0 イメージストリームタグが参照したイメージ ID を直接参照し、これが参照するイメージが変更されることがありません。

  • 宛先タグがソースタグの変更時に更新されるようにするには、--alias=true フラグを使用します。

    $ oc tag --alias=true <source> <destination>
注記

永続的なエイリアス (latest または stable など) を作成するには、tracking タグを使用します。このタグは単一イメージストリーム内でのみ適切に機能します。複数のイメージストリーム間で使用されるエイリアスを作成しようとするとエラーが生じます。

  • また、--scheduled=true フラグを追加して、宛先タグが定期的に更新 (再インポート) されるようにもできます。期間はシステムレベルでグローバルに設定できます。
  • --reference フラグはインポートされないイメージストリームを作成します。このタグはソースの場所を参照しますが、これを永続的に参照します。

    統合レジストリーのタグ付けされたイメージを常にフェッチするように OpenShift Container Platform に指示するには、--reference-policy=local を使用します。レジストリーはプルスルー (pull-through) 機能を使用してイメージをクライアントに提供します。デフォルトで、イメージ Blob はレジストリーによってローカルにミラーリングされます。その結果、それらが次回必要となる場合により迅速にプルされます。また、このフラグは --insecure-registry をコンテナーランタイムに指定しなくても、イメージストリームに非セキュアなアノテーションがあるか、またはタグに非セキュアなインポートポリシーがある限り、非セキュアなレジストリーからのプルを許可します。