Menu Close

4.6. Developer パースペクティブを使用した Red Hat OpenShift Pipelines の使用

OpenShift Container Platform Web コンソールの Developer パースペクティブを使用して、ソフトウェア配信プロセスの CI/CD パイプラインを作成できます。

Developer パースペクティブ:

  • AddPipelinePipeline Builder オプションを使用して、アプリケーションのカスタマイズされたパイプラインを作成します。
  • AddFrom Git オプションを使用して、OpenShift Container Platform でアプリケーションを作成する間に Operator によってインストールされたパイプラインテンプレートおよびリソースを使用してパイプラインを作成します。

アプリケーションのパイプラインの作成後に、Pipelines ビューでデプロイされたパイプラインを表示し、これらと視覚的に対話できます。Topology ビューを使用して、From Git オプションを使用して作成されたパイプラインと対話することもできます。Pipeline Builder を使用して作成されたパイプラインを Topology ビューに表示するには、カスタムラベルをこのパイプラインに適用する必要があります。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターにアクセスでき、Web コンソールで Developer パースペクティブ に切り替えていること。
  • クラスターに OpenShift Pipelines Operator がインストール されていること。
  • クラスター管理者か、または create および edit パーミッションを持つユーザーであること。
  • プロジェクトを作成していること。

4.6.1. Pipeline Builder を使用した Pipeline の構築

コンソールの Developer パースペクティブで、+AddPipelinePipeline Builder オプションを使用して以下を実行できます。

  • Pipeline ビルダー または YAML ビュー のいずれかを使用してパイプラインを設定します。
  • 既存のタスクおよびクラスタータスクを使用して、パイプラインフローを構築します。OpenShift Pipelines Operator をインストールする際に、再利用可能なパイプラインクラスタータスクをクラスターに追加します。
  • パイプライン実行に必要なリソースタイプを指定し、必要な場合は追加のパラメーターをパイプラインに追加します。
  • パイプラインの各タスクのこれらのパイプラインリソースを入力および出力リソースとして参照します。
  • 必要な場合は、タスクのパイプラインに追加されるパラメーターを参照します。タスクのパラメーターは、Task の仕様に基づいて事前に設定されます。
  • Operator によってインストールされた、再利用可能なスニペットおよびサンプルを使用して、詳細なパイプラインを作成します。

手順

  1. Developer パースペクティブの +Add ビューで、Pipeline タイルをクリックし、Pipeline Builder ページを表示します。
  2. Pipeline ビルダー ビューまたは YAML ビュー のいずれかを使用して、パイプラインを設定します。

    注記

    Pipeline ビルダー ビューは、限られた数のフィールドをサポートしますが、YAML ビュー は利用可能なすべてのフィールドをサポートします。オプションで、Operator によってインストールされた、再利用可能なスニペットおよびサンプルを使用して、詳細な Pipeline を作成することもできます。

    図4.1 YAML ビュー

    op pipeline yaml

    Pipeline Builder を使用して、パイプラインを設定します。

    1. Name フィールドにパイプラインの一意の名前を入力します。
    2. Tasks セクションで、以下を実行します。

      1. Add task をクリックします。
      2. クイック検索フィールドを使用してタスクを検索し、表示された一覧から必要なタスクを選択します。
      3. Add または Install and add をクリックします。この例では、s2i-nodejs タスクを使用します。

        注記

        検索の一覧には、Tekton Hub タスクおよび、クラスターで利用可能なタスクがすべて含まれます。また、タスクがすでにインストールされている場合は、タスク追加用の Add が表示され、それ以外の場合は、タスクのインストールおよび追加用の Install and add が表示されます。更新されたバージョンで同じタスクを追加する場合は、Update and add が表示されます。

        • 連続するタスクをパイプラインに追加するには、以下を実行します。

          • タスクの右側にあるプラスアイコンをクリックし、Add task をクリックします。
          • クイック検索フィールドを使用してタスクを検索し、表示された一覧から必要なタスクを選択します。
          • Add または Install and add をクリックします。

            図4.2 Pipeline Builder

            op pipeline builder
        • 最終タスクを追加するには、以下を実行します。

          • Add finally taskAdd task の順にクリックします。
          • クイック検索フィールドを使用してタスクを検索し、表示された一覧から必要なタスクを選択します。
          • Add または Install and add をクリックします。
    3. Resources セクションで、Add Resources をクリックし、パイプライン実行用のリソースの名前およびタイプを指定します。これらのリソースは、パイプラインのタスクによって入力および出力として使用されます。この例では、以下のようになります。

      1. 入力リソースを追加します。Name フィールドに Source を入力してから、Resource Type ドロップダウンリストから Git を選択します。
      2. 出力リソースを追加します。Name フィールドに Img を入力してから、Resource Type ドロップダウンリストから イメージ を選択します。

        注記

        リソースが見つからない場合には、タスクの横に赤のアイコンが表示されます。

    4. オプション: タスクの Parameters は、タスクの仕様に基づいて事前に設定されます。必要な場合は、Parameters セクションの Add Parameters リンクを使用して、パラメーターを追加します。
    5. Workspaces セクションで、Add workspace をクリックし、Name フィールドに一意のワークスペース名を入力します。複数のワークスペースをパイプラインに追加できます。
    6. Tasks セクションで、s2i-nodejs タスクをクリックし、タスクの詳細情報が含まれるサイドパネルを表示します。タスクのサイドパネルで、s2i-nodejs タスクのリソースおよびパラメーターを指定します。

      1. 必要な場合は、Parameters セクションで、$(params.<param-name>) 構文を使用して、デフォルトのパラメーターにパラメーターをさらに追加します。
      2. Image セクションで、Resources セクションで指定されているように Img を入力します。
      3. Workspace セクションの source ドロップダウンからワークスペースを選択します。
    7. リソース、パラメーター、およびワークスペースを openshift-client タスクに追加します。
  3. Create をクリックし、Pipeline Details ページでパイプラインを作成し、表示します。
  4. Actions ドロップダウンメニューをクリックしてから Start をクリックし、Start Pipeline ページを表示します。
  5. Workspace セクションは、以前に作成したワークスペースを一覧表示します。それぞれのドロップダウンを使用して、ワークスペースのボリュームソースを指定します。Empty DirectoryConfig MapSecretPersistentVolumeClaim、または VolumeClaimTemplate のオプションを使用できます。