Menu Close

4.4. OpenShift Pipelines のアンインストール

Red Hat OpenShift Pipelines Operator のアンインストールは 2 つの手順で実行されます。

  1. Red Hat OpenShift Pipelines Operator のインストール時にデフォルトで追加されたカスタムリソース (CR) を削除します。
  2. Red Hat OpenShift Pipelines Operator をアンインストールします。

Operator のみをアンインストールしても、Operator のインストール時にデフォルトで作成される Red Hat OpenShift Pipelines コンポーネントは削除されません。

4.4.1. Red Hat OpenShift Pipelines コンポーネントおよびカスタムリソースの削除

Red Hat OpenShift Pipelines Operator のインストール時にデフォルトで作成されるカスタムリソース (CR) を削除します。

手順

  1. Web コンソールの Administrator パースペクティブで、AdministrationCustom Resource Definition に移動します。
  2. Filter by name ボックスに config.operator.tekton.dev を入力し、 Red Hat OpenShift Pipelines Operator CR を検索します。
  3. CRD Config をクリックし、 Custom Resource Definition Details ページを表示します。
  4. Actions ドロップダウンメニューをクリックし、Delete Custom Resource Definition を選択します。

    注記

    CR を削除すると Red Hat OpenShift Pipelines コンポーネントが削除され、クラスター上のすべての Task および Pipeline が失われます。

  5. Delete をクリックし、CR の削除を確認します。