Menu Close

4.8.2. 優先順位クラスを使用したパイプラインリソースクォータの指定

PriorityClass オブジェクトは、優先順位クラス名を、相対的な優先順位を示す整数値にマッピングします。値が大きいと、クラスの優先度が高くなります。優先順位クラスの作成後に、仕様に優先順位クラス名を指定する Pod を作成できます。さらに、Pod の優先順位に基づいて、Pod によるシステムリソースの消費を制御できます。

パイプラインにリソースクォータを指定することは、パイプライン実行が作成する Pod のサブセットのリソースクォータを設定することに似ています。以下の手順では、優先順位クラスに基づいてリソースクォータを指定して回避策の例を提供します。

手順

  1. パイプラインの優先順位クラスを作成します。

    例: パイプラインの優先順位クラス

    apiVersion: scheduling.k8s.io/v1
    kind: PriorityClass
    metadata:
      name: pipeline1-pc
    value: 1000000
    description: "Priority class for pipeline1"

  2. パイプラインのリソースクォータを作成します。

    例: パイプラインのリソースクォータ

    apiVersion: v1
    kind: ResourceQuota
    metadata:
      name: pipeline1-rq
    spec:
      hard:
        cpu: "1000"
        memory: 200Gi
        pods: "10"
      scopeSelector:
        matchExpressions:
        - operator : In
          scopeName: PriorityClass
          values: ["pipeline1-pc"]

  3. パイプラインのリソースクォータの使用量を確認します。

    例: パイプラインのリソースクォータの使用の確認

    $ kubectl describe quota
    
    Name:       pipeline1-rq
    Namespace:  default
    Resource    Used  Hard
    --------    ----  ----
    cpu         0     1k
    memory      0     200Gi
    pods        0     10

    Pod が実行されていないため、クォータは使用されません。

  4. パイプラインおよびタスクを作成します。

    例: パイプラインの YAML

    apiVersion: tekton.dev/v1alpha1
    kind: Pipeline
    metadata:
      name: maven-build
    spec:
      workspaces:
      - name: local-maven-repo
      resources:
      - name: app-git
        type: git
      tasks:
      - name: build
        taskRef:
          name: mvn
        resources:
          inputs:
          - name: source
            resource: app-git
        params:
        - name: GOALS
          value: ["package"]
        workspaces:
        - name: maven-repo
          workspace: local-maven-repo
      - name: int-test
        taskRef:
          name: mvn
        runAfter: ["build"]
        resources:
          inputs:
          - name: source
            resource: app-git
        params:
        - name: GOALS
          value: ["verify"]
        workspaces:
        - name: maven-repo
          workspace: local-maven-repo
      - name: gen-report
        taskRef:
          name: mvn
        runAfter: ["build"]
        resources:
          inputs:
          - name: source
            resource: app-git
        params:
        - name: GOALS
          value: ["site"]
        workspaces:
        - name: maven-repo
          workspace: local-maven-repo

    例: パイプラインのタスクの YAML

    apiVersion: tekton.dev/v1alpha1
    kind: Task
    metadata:
      name: mvn
    spec:
      workspaces:
      - name: maven-repo
      inputs:
        params:
        - name: GOALS
          description: The Maven goals to run
          type: array
          default: ["package"]
        resources:
        - name: source
          type: git
      steps:
        - name: mvn
          image: gcr.io/cloud-builders/mvn
          workingDir: /workspace/source
          command: ["/usr/bin/mvn"]
          args:
            - -Dmaven.repo.local=$(workspaces.maven-repo.path)
            - "$(inputs.params.GOALS)"
          priorityClassName: pipeline1-pc

    注記

    パイプラインの全タスクが同じ優先順位クラスに属することを確認します。

  5. パイプライン実行を作成して開始します。

    例: パイプライン実行の YAML

    apiVersion: tekton.dev/v1alpha1
    kind: PipelineRun
    metadata:
      generateName: petclinic-run-
    spec:
      pipelineRef:
        name: maven-build
      resources:
      - name: app-git
        resourceSpec:
          type: git
          params:
            - name: url
              value: https://github.com/spring-projects/spring-petclinic

  6. Pod の作成後に、パイプライン実行のリソースクォータの使用状況を確認します。

    例: パイプラインのリソースクォータの使用の確認

    $ kubectl describe quota
    
    Name:       pipeline1-rq
    Namespace:  default
    Resource    Used  Hard
    --------    ----  ----
    cpu         500m  1k
    memory      10Gi  200Gi
    pods        1     10

    この出力では、優先クラスごとのリソースクオータを指定することで、ある優先順位に所属する同時実行されている Pod すべてのリソースクオータをまとめて管理できることが分かります。