Menu Close

4.8. OpenShift Pipeline のコンピュートリソースクォータの設定

Red Hat OpenShift Pipelines の ResourceQuota オブジェクトは、namespace ごとのリソース消費の合計を制御します。これを使用して、オブジェクトのタイプに基づいて、namespace で作成されたオブジェクトの数量を制限できます。さらに、コンピュートリソースクォータを指定して、namespace で消費されるコンピュートリソースの合計量を制限できます。

ただし、namespace 全体のクォータを設定するのではなく、パイプライン実行で作成される Pod が使用するコンピュートリソースの量を制限できます。現時点で、Red Hat OpenShift Pipelines ではパイプラインのコンピュートリソースクォータを直接指定できません。

4.8.1. OpenShift Pipeline でコンピュートリソース消費を制限する別の方法

パイプラインによるコンピュートリソースの使用量をある程度制御するためには、代わりに、以下のアプローチを検討してください。

  • タスクの各ステップでリソース要求および制限を設定します。

    例: タスクのステップごとのリソース要求および制限設定

    ...
    spec:
      steps:
        - name: step-with-limts
          resources:
            requests:
              memory: 1Gi
              cpu: 500m
            limits:
              memory: 2Gi
              cpu: 800m
    ...

  • LimitRange オブジェクトの値を指定して、リソース制限を設定します。LimitRange の詳細は、「制限範囲によるリソース消費の制限」を参照してください。
  • パイプラインリソースの消費を減らします。
  • プロジェクトごとにリソースクォータ を設定および管理します。
  • 理想的には、パイプラインのコンピュートリソースクォータは、パイプライン実行で同時に実行される Pod が消費するコンピュートリソースの合計量と同じである必要があります。ただし、タスクを実行する Pod はユースケースに基づいてコンピュートリソースを消費します。たとえば、Maven ビルドタスクには、ビルドするアプリケーションごとに異なるコンピュートリソースが必要となる場合があります。その結果、一般的なパイプラインでタスクのコンピュートリソースクォータを事前に定義できません。コンピュートリソースの使用に関する予測可能性や制御性を高めるには、さまざまなアプリケーション用にカスタマイズされたパイプラインを使用します。
注記

ResourceQuota オブジェクトで設定される namespace で Red Hat OpenShift Pipelines を使用する場合には、タスク実行およびパイプライン実行はエラーで失敗する可能性があります(例: failed quota: <quota name> must specify cpu, memory )。

このエラーを回避するには、以下のいずれかを実行します。

  • (推奨)namespace の制限範囲を指定します。
  • すべてのコンテナーの要求および制限を明示的に定義します。

詳細は、問題 および 解決策 を参照してください。

ユースケースにこれらの方法で対応できない場合には、優先順位クラスのリソースクォータを使用して回避策を実装できます。