Menu Close

4.5.6. パイプラインの実行

PipelineRun リソースはパイプラインを開始し、これを特定の呼び出しに使用する必要のある Git およびイメージリソースに関連付けます。これは、パイプラインの各タスクについて TaskRun を自動的に作成し、開始します。

手順

  1. バックエンドアプリケーションのパイプラインを起動します。

    $ tkn pipeline start build-and-deploy \
        -w name=shared-workspace,volumeClaimTemplateFile=https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/pipelines-1.7/01_pipeline/03_persistent_volume_claim.yaml \
        -p deployment-name=pipelines-vote-api \
        -p git-url=https://github.com/openshift/pipelines-vote-api.git \
        -p IMAGE=image-registry.openshift-image-registry.svc:5000/pipelines-tutorial/pipelines-vote-api \
        --use-param-defaults

    直前のコマンドは、パイプライン実行の永続ボリューム要求 (PVC) を作成するボリューム要求テンプレートを使用します。

  2. パイプライン実行の進捗を追跡するには、以下のコマンドを入力します。

    $ tkn pipelinerun logs <pipelinerun_id> -f

    上記のコマンドの <pipelinerun_id> は、直前のコマンドの出力で返された PipelineRun の ID です。

  3. フロントエンドアプリケーションのパイプラインを起動します。

    $ tkn pipeline start build-and-deploy \
        -w name=shared-workspace,volumeClaimTemplateFile=https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/pipelines-1.7/01_pipeline/03_persistent_volume_claim.yaml \
        -p deployment-name=pipelines-vote-ui \
        -p git-url=https://github.com/openshift/pipelines-vote-ui.git \
        -p IMAGE=image-registry.openshift-image-registry.svc:5000/pipelines-tutorial/pipelines-vote-ui \
        --use-param-defaults
  4. パイプライン実行の進捗を追跡するには、以下のコマンドを入力します。

    $ tkn pipelinerun logs <pipelinerun_id> -f

    上記のコマンドの <pipelinerun_id> は、直前のコマンドの出力で返された PipelineRun の ID です。

  5. 数分後に、tkn pipelinerun list コマンドを使用して、すべてのパイプライン実行を一覧表示してパイプラインが正常に実行されたことを確認します。

    $ tkn pipelinerun list

    出力には、パイプライン実行が一覧表示されます。

     NAME                         STARTED      DURATION     STATUS
     build-and-deploy-run-xy7rw   1 hour ago   2 minutes    Succeeded
     build-and-deploy-run-z2rz8   1 hour ago   19 minutes   Succeeded
  6. アプリケーションルートを取得します。

    $ oc get route pipelines-vote-ui --template='http://{{.spec.host}}'

    上記のコマンドの出力に留意してください。このルートを使用してアプリケーションにアクセスできます。

  7. 直前のパイプラインのパイプラインリソースおよびサービスアカウントを使用して最後のパイプライン実行を再実行するには、以下を実行します。

    $ tkn pipeline start build-and-deploy --last