Menu Close

4.3.2. CLI を使用した OpenShift Pipelines Operator のインストール

CLI を使用して OperatorHub から Red Hat OpenShift Pipelines Operator をインストールできます。

手順

  1. Subscription オブジェクトの YAML ファイルを作成し、namespace を Red Hat OpenShift Pipelines Operator にサブスクライブします (例: sub.yaml)。

    Subscription の例

    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: openshift-pipelines-operator
      namespace: openshift-operators
    spec:
      channel:  <channel name> 1
      name: openshift-pipelines-operator-rh 2
      source: redhat-operators 3
      sourceNamespace: openshift-marketplace 4

    1
    Operator のサブスクライブ元のチャネル名を指定します。
    2
    サブスクライブする Operator の名前。
    3
    Operator を提供する CatalogSource の名前。
    4
    CatalogSource の namespace。デフォルトの OperatorHub CatalogSource には openshift-marketplace を使用します。
  2. Subscription オブジェクトを作成します。

    $ oc apply -f sub.yaml

    Red Hat OpenShift Pipelines Operator がデフォルトのターゲット namespace openshift-operators にインストールされるようになりました。