Menu Close

4.6. バージョン付けされていないクラスタータスクおよびバージョン付けされたクラスタータスクの管理

クラスター管理者は、Red Hat OpenShift Pipelines Operator をインストールすると、バージョン付けされたクラスタータスク(VCT)およびバージョン付けされていないクラスタータスク (NVCT)として知られるそれぞれのデフォルトクラスタータスクのバリアントが作成されます。たとえば、Red Hat OpenShift Pipelines Operator v1.7 をインストールすると、buildah-1-7-0 VCT および buildah NVCT が作成されます。

NVCT と VCT の両方は、paramsworkspaces、および steps など、同じメタデータ、動作、仕様を持ちます。ただし、それらを無効にするか、Operator をアップグレードすると、動作が異なります。

4.6.1. バージョン付けされていないクラスタータスクとバージョン付けされたクラスタータスクの違い

バージョン付けされていないクラスタータスクとバージョン付けされたクラスタータスクでは、命名規則が異なります。また、Red Hat OpenShift Pipelines Operator はそれらを異なる方法でアップグレードします。

表4.5 バージョン付けされていないクラスタータスクとバージョン付けされたクラスタータスクの違い

 バージョン付けされていないクラスタータスクバージョン付けされたクラスタータスク

命名法

NVCT には、クラスタータスクの名前のみが含まれます。たとえば、Operator v1.7 でインストールされた Buildah の NVCT の名前は buildah です。

VCT には、クラスタータスクの名前の後にバージョンが接尾辞として含まれます。たとえば、Operator v1.7 でインストールされた Buildah の VCT の名前は buildah-1-7-0 です。

アップグレード

Operator をアップグレードすると、最新の変更でバージョン付けされていないクラスタータスクを更新します。NVCT の名前は変更されません。

Operator をアップグレードすると、最新バージョンの VCT をインストールし、以前のバージョンを保持します。VCT の最新バージョンは、アップグレードされた Operator に対応します。たとえば、Operator 1.7 をインストールすると buildah-1-7-0 がインストールされ、buildah-1-6-0 は保持されます。