Menu Close

5.3.2. CLI を使用した OpenShift GitOps Operator のインストール

CLI を使用して OperatorHub から Red Hat OpenShift GitOps Operator をインストールできます。

手順

  1. Subscription オブジェクトの YAML ファイルを作成し、namespace を Red Hat OpenShift GitOps にサブスクライブします(例: sub.yaml)。

    Subscription の例

    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: openshift-gitops-operator
      namespace: openshift-operators
    spec:
      channel: stable 1
      installPlanApproval: Automatic
      name: openshift-gitops-operator 2
      source: redhat-operators 3
      sourceNamespace: openshift-marketplace 4

    1
    Operator のサブスクライブ元のチャネル名を指定します。
    2
    サブスクライブする Operator の名前を指定します。
    3
    Operator を提供する CatalogSource の名前を指定します。
    4
    CatalogSource の namespace。デフォルトの OperatorHub CatalogSource には openshift-marketplace を使用します。
  2. Subscription をクラスターに適用します。

    $ oc apply -f openshift-gitops-sub.yaml
  3. インストールが完了したら、openshift-gitops namespace のすべての Pod が実行されていることを確認します。

    $ oc get pods -n openshift-gitops

    出力例

    NAME                                                      	READY   STATUS	RESTARTS   AGE
    cluster-b5798d6f9-zr576                                   	1/1 	Running   0      	65m
    kam-69866d7c48-8nsjv                                      	1/1 	Running   0      	65m
    openshift-gitops-application-controller-0                 	1/1 	Running   0      	53m
    openshift-gitops-applicationset-controller-6447b8dfdd-5ckgh 1/1 	Running   0      	65m
    openshift-gitops-redis-74bd8d7d96-49bjf                   	1/1 	Running   0      	65m
    openshift-gitops-repo-server-c999f75d5-l4rsg              	1/1 	Running   0      	65m
    openshift-gitops-server-5785f7668b-wj57t                  	1/1 	Running   0      	53m