Menu Close

5.8. アプリケーションリソースおよびデプロイメントのヘルス情報のモニタリング

環境の詳細ページには、ルート、同期ステータス、デプロイメント設定、およびデプロイメント履歴などのアプリケーションリソースのヘルスステータスが表示されます。

5.8.1. ヘルス情報の確認

Red Hat OpenShift GitOps Operator は、GitOps バックエンドサービスを openshift-gitops namespace にインストールします。

前提条件

  • Red Hat OpenShift GitOps Operator は OperatorHub からインストールされます。
  • Argo CD アプリケーションは同期されています。

手順

  1. Developer パースペクティブの下の Environments をクリックします。Environments ページには、Environment status と共にアプリケーションの一覧が表示されます。
  2. Environment status 列の下のアイコンの上にマウスをかざすと、すべての環境の同期ステータスが表示されます。
  3. 一覧からアプリケーション名をクリックし、特定のアプリケーションの詳細を表示します。
  4. アプリケーションが out of sync またはdegraded アプリケーションの場合、Resources の下にそれぞれに関連するアイコンが表示されます。アイコンにマウスをかざして、ヘルスステータスと同期のステータスを表示します。アイコンは以下のとおりです。

    1. degraded の場合、破損したハートのアイコンが表示されます。
    2. out of sync の場合、黄色の yield アイコンが表示されます。