Menu Close

5.11. Argo CD RBAC の設定

デフォルトでは、RHSSO を使用して Argo CD にログインする場合は、読み取り専用のユーザーになります。ユーザーレベルのアクセスを変更し、管理できます。

5.11.1. ユーザーレベルのアクセスの設定

ユーザーレベルのアクセスを管理および変更するには、Argo CD カスタムリソースの RBAC セクションを設定します。

手順

  • argocd カスタムリソースを編集します。

    $ oc edit argocd [argocd-instance-name] -n [namespace]

    出力

    metadata
    ...
    ...
      rbac:
        policy: 'g, rbacsystem:cluster-admins, role:admin'
        scopes: '[groups]'

  • ポリシー 設定を rbac セクションに追加し、名前email、およびユーザーの ロール を追加します。

    metadata
    ...
    ...
    rbac:
        policy: <name>, <email>, role:<admin>
        scopes: '[groups]'
注記

現在、RHSSO は Red Hat OpenShift GitOps ユーザーのグループ情報を読み取ることができません。そのため、ユーザーレベルで RBAC を設定します。