Menu Close

第1章 OpenShift Container Platform CI/CD の概要

OpenShift Container Platform は、開発者向けにエンタープライズ対応の Kubernetes プラットフォームです。これにより、組織は継続的インテグレーション(CI)や継続的デリバリー(CD)などの DevOps プラクティスを使用してアプリケーション配信プロセスを自動化できます。組織のニーズを満たすために、OpenShift Container Platform は以下の CI/CD ソリューションを提供します。

  • OpenShift Builds
  • OpenShift Pipeline
  • OpenShift GitOps

1.1. OpenShift Builds

OpenShift ビルドでは、宣言的なビルドプロセスを使用してクラウドネイティブアプリケーションを作成できます。BuildConfig オブジェクトを作成するのに使用する YAML ファイルで、ビルドプロセスを定義できます。この定義には、ビルドトリガー、入力パラメーター、ソースコードなどの属性が含まれます。デプロイされると、BuildConfig オブジェクトは通常実行可能なイメージをビルドし、これをコンテナーイメージレジストリーにプッシュします。

OpenShift ビルドでは、ビルドストラテジーの以下の拡張可能なサポートが提供されます。

  • Docker ビルド
  • Source-to-Image (S2I) ビルド
  • カスタムビルド

詳細は、「 イメージビルドについて」を参照してください。