Menu Close

2.3.6.3. シークレットの使用

シークレットの作成後に、Pod を作成してシークレットを参照し、ログを取得し、Pod を削除することができます。

手順

  1. シークレットを参照する Pod を作成します。

    $ oc create -f <your_yaml_file>.yaml
  2. ログを取得します。

    $ oc logs secret-example-pod
  3. Pod を削除します。

    $ oc delete pod secret-example-pod

関連情報

  • シークレットデータを含む YAML ファイルのサンプル

    4 つのファイルを作成する YAML シークレット

    apiVersion: v1
    kind: Secret
    metadata:
      name: test-secret
    data:
      username: dmFsdWUtMQ0K     1
      password: dmFsdWUtMQ0KDQo= 2
    stringData:
      hostname: myapp.mydomain.com 3
      secret.properties: |-     4
        property1=valueA
        property2=valueB

    1
    デコードされる値が含まれるファイル
    2
    デコードされる値が含まれるファイル
    3
    提供される文字列が含まれるファイル
    4
    提供されるデータが含まれるファイル

    シークレットデータと共にボリュームのファイルが設定された Pod の YAML

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: secret-example-pod
    spec:
      containers:
        - name: secret-test-container
          image: busybox
          command: [ "/bin/sh", "-c", "cat /etc/secret-volume/*" ]
          volumeMounts:
              # name must match the volume name below
              - name: secret-volume
                mountPath: /etc/secret-volume
                readOnly: true
      volumes:
        - name: secret-volume
          secret:
            secretName: test-secret
      restartPolicy: Never

    シークレットデータと共に環境変数が設定された Pod の YAML

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: secret-example-pod
    spec:
      containers:
        - name: secret-test-container
          image: busybox
          command: [ "/bin/sh", "-c", "export" ]
          env:
            - name: TEST_SECRET_USERNAME_ENV_VAR
              valueFrom:
                secretKeyRef:
                  name: test-secret
                  key: username
      restartPolicy: Never

    シークレットデータと環境変数を設定するビルド設定の YAML

    apiVersion: build.openshift.io/v1
    kind: BuildConfig
    metadata:
      name: secret-example-bc
    spec:
      strategy:
        sourceStrategy:
          env:
          - name: TEST_SECRET_USERNAME_ENV_VAR
            valueFrom:
              secretKeyRef:
                name: test-secret
                key: username