Menu Close

2.5.4.2. パイプラインビルド用の Jenkins ファイルの提供

重要

パイプラインビルドストラテジーは OpenShift Container Platform 4 では非推奨になりました。同等の機能および改善機能は、Tekton をベースとする OpenShift Container Platform Pipeline にあります。

OpenShift Container Platform の Jenkins イメージは完全にサポートされており、ユーザーは Jenkins ユーザーのドキュメントに従ってジョブで jenkinsfile を定義するか、またはこれをソースコントロール管理システムに保存します。

jenkinsfile は標準的な groovy 言語構文を使用して、アプリケーションの設定、ビルド、およびデプロイメントに対する詳細な制御を可能にします。

jenkinsfile は以下のいずれかの方法で指定できます。

  • ソースコードリポジトリー内にあるファイルの使用。
  • jenkinsfile フィールドを使用してビルド設定の一部として組み込む。

最初のオプションを使用する場合、jenkinsfile を以下の場所のいずれかでアプリケーションソースコードリポジトリーに組み込む必要があります。

  • リポジトリーのルートにある jenkinsfile という名前のファイル。
  • リポジトリーのソース contextDir のルートにある jenkinsfile という名前のファイル。
  • ソース contextDir に関連して BuildConfig の JenkinsPipelineStrategy セクションの jenkinsfilePath フィールドで指定される名前のファイル (指定される場合)。 指定されない場合は、リポジトリーのルートにデフォルト設定されます。

jenkinsfile は Jenkins エージェント Pod で実行されます。 ここでは OpenShift Container Platform DSL を使用する場合に OpenShift Container Platform クライアントのバイナリーを利用可能にしておく必要があります。

手順

Jenkins ファイルを指定するには、以下のいずれかを実行できます。

  • ビルド設定に Jenkins ファイルを埋め込む
  • Jenkins ファイルを含む Git リポジトリーへの参照をビルド設定に追加する

埋め込み定義

kind: "BuildConfig"
apiVersion: "v1"
metadata:
  name: "sample-pipeline"
spec:
  strategy:
    jenkinsPipelineStrategy:
      jenkinsfile: |-
        node('agent') {
          stage 'build'
          openshiftBuild(buildConfig: 'ruby-sample-build', showBuildLogs: 'true')
          stage 'deploy'
          openshiftDeploy(deploymentConfig: 'frontend')
        }

Git リポジトリーへの参照

kind: "BuildConfig"
apiVersion: "v1"
metadata:
  name: "sample-pipeline"
spec:
  source:
    git:
      uri: "https://github.com/openshift/ruby-hello-world"
  strategy:
    jenkinsPipelineStrategy:
      jenkinsfilePath: some/repo/dir/filename 1

1
オプションの jenkinsfilePath フィールドは、ソース contextDir との関連で使用するファイルの名前を指定します。contextDir が省略される場合、デフォルトはリポジトリーのルートに設定されます。jenkinsfilePath が省略される場合、デフォルトは jenkinsfile に設定されます。