Menu Close

2.3.4.2.5. ソースコードの基本的な認証からのシークレットの作成

Basic 認証では、SCM (software configuration management) サーバーに対して認証する場合に --username--password の組み合わせ、またはトークンが必要です。

前提条件

  • プライベートリポジトリーにアクセスするためのユーザー名およびパスワード。

手順

  1. シークレットを先に作成してから、プライベートリポジトリーにアクセスするために --username および --password を使用してください。

    $ oc create secret generic <secret_name> \
        --from-literal=username=<user_name> \
        --from-literal=password=<password> \
        --type=kubernetes.io/basic-auth
  2. トークンで Basic 認証のシークレットを作成します。

    $ oc create secret generic <secret_name> \
        --from-literal=password=<token> \
        --type=kubernetes.io/basic-auth