Menu Close

2.7.3. BuildConfig の編集

ビルド設定を編集するには、Developer パースペクティブの Builds ビューで Edit BuildConfig オプションを使用します。

以下のいずれかのビューを使用して BuildConfig を編集できます。

  • Form view を使用すると、標準のフォームフィールドおよびチェックボックスを使用して BuildConfig を編集できます。
  • YAML ビュー を使用すると、操作を完全に制御して BuildConfig を編集できます。

データを失うことなく、Form viewYAML view を切り替えることができます。Form ビュー のデータは YAML ビュー に転送されます(その逆も同様です)。

手順

  1. Developer パースペクティブの Builds ビューで、メニュー kebab をクリックし、Edit BuildConfig オプションを表示します。
  2. Edit BuildConfig をクリックし、Form view オプションを表示します。
  3. Git セクションで、アプリケーションの作成に使用するコードベースの Git リポジトリー URL を入力します。その後、URL は検証されます。

    • オプション: Show Advanced Git Options をクリックし、以下のような詳細を追加します。

      • Git Reference: アプリケーションのビルドに使用するコードが含まれるブランチ、タグ、またはコミットを指定します。
      • Context Dir: アプリケーションのビルドに使用するアプリケーションのコードが含まれるサブディレクトリーを指定します。
      • Source Secret: プライベートリポジトリーからソースコードをプルするための認証情報で Secret Name を作成します。
  4. Build from セクションで、ビルド元となるオプションを選択します。以下のオプションで使用できます。

    • イメージストリームタグ は、所定のイメージストリームおよびタグのイメージを参照します。ビルド元およびプッシュ元の場所に指定するプロジェクト、イメージストリーム、およびタグを入力します。
    • イメージストリームイメージ は、所定のイメージストリームのイメージとおよびイメージ名を参照します。ビルドするイメージストリームイメージを入力します。また、プッシュ先となるプロジェクト、イメージストリーム、およびタグも入力します。
    • Docker image: Docker イメージは Docker イメージリポジトリーを使用して参照されます。また、プッシュ先の場所を参照するように、プロジェクト、イメージストリーム、タグを入力する必要があります。
  5. オプション: 環境変数 セクションでNameValue フィールドを使用して、プロジェクトに関連付けられた環境変数を追加します。環境変数を追加するには、Add Value または Add from ConfigMapSecret を使用します。
  6. オプション: 以下の高度なオプションを使用してアプリケーションをさらにカスタマイズできます。

    トリガー
    ビルダーイメージの変更時に新規イメージビルドをトリガーします。Add Trigger をクリックし、Type および Secret を選択して、トリガーを追加します。
    Secret
    アプリケーションのシークレットを追加します。Add secret をクリックし、Secret および Mount point を選択して、さらにシークレットを追加します。
    ポリシー
    Run policy をクリックして、ビルド実行ポリシーを選択します。選択したポリシーは、ビルド設定から作成されるビルドを実行する順番を決定します。
    フック
    Run build hooks after image is built を選択して、ビルドの最後にコマンドを実行し、イメージを検証します。Hook typeCommand および Arguments をコマンドに追加しあmす。
  7. Save をクリックして BuildConfig を保存します。