Menu Close

2.3.6.4. 入力シークレットおよび設定マップの追加

認証情報およびその他の設定データをソース管理に配置せずにビルドに提供するには、入力シークレットおよび入力設定マップを定義します。

シナリオによっては、ビルド操作で、依存するリソースにアクセスするための認証情報や他の設定データが必要になる場合があります。この情報をソース管理に配置せずに利用可能にするには、入力シークレットおよび入力設定マップを定義します。

手順

既存の BuildConfig オブジェクトに入力シークレットおよび/または設定マップを追加するには、以下を行います。

  1. ConfigMap オブジェクトがない場合はこれを作成します。

    $ oc create configmap settings-mvn \
        --from-file=settings.xml=<path/to/settings.xml>

    これにより、settings-mvn という名前の新しい設定マップが作成されます。これには、 settings.xml ファイルのプレーンテキストのコンテンツが含まれます。

    ヒント

    または、以下の YAML を適用して設定マップを作成できます。

    apiVersion: core/v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: settings-mvn
    data:
      settings.xml: |
        <settings>
        … # Insert maven settings here
        </settings>
  2. Secret オブジェクトがない場合はこれを作成します。

    $ oc create secret generic secret-mvn \
        --from-file=id_rsa=<path/to/.ssh/id_rsa>
        --type=kubernetes.io/ssh-auth

    これにより、secret-mvn という名前の新規シークレットが作成されます。 これには、 id_rsa プライベートキーの base64 でエンコードされたコンテンツが含まれます。

    ヒント

    または、以下の YAML を適用して入力シークレットを作成できます。

    apiVersion: core/v1
    kind: Secret
    metadata:
      name: secret-mvn
    type: kubernetes.io/ssh-auth
    data:
      ssh-privatekey: |
        # Insert ssh private key, base64 encoded
  3. 設定マップおよびシークレットを既存の BuildConfig オブジェクトの source セクションに追加します。

    source:
      git:
        uri: https://github.com/wildfly/quickstart.git
      contextDir: helloworld
      configMaps:
        - configMap:
            name: settings-mvn
      secrets:
        - secret:
            name: secret-mvn

シークレットおよび設定マップを新規の BuildConfig オブジェクトに追加するには、以下のコマンドを実行します。

$ oc new-build \
    openshift/wildfly-101-centos7~https://github.com/wildfly/quickstart.git \
    --context-dir helloworld --build-secret “secret-mvn” \
    --build-config-map "settings-mvn"

ビルド時に、settings.xml および id_rsa ファイルはソースコードが配置されているディレクトリーにコピーされます。OpenShift Container Platform S2I ビルダーイメージでは、これはイメージの作業ディレクトリーで、 DockerfileWORKDIR の指示を使用して設定されます。別のディレクトリーを指定するには、 destinationDir を定義に追加します。

source:
  git:
    uri: https://github.com/wildfly/quickstart.git
  contextDir: helloworld
  configMaps:
    - configMap:
        name: settings-mvn
      destinationDir: ".m2"
  secrets:
    - secret:
        name: secret-mvn
      destinationDir: ".ssh"

新規の BuildConfig オブジェクトの作成時に、宛先のディレクトリーを指定することも可能です。

$ oc new-build \
    openshift/wildfly-101-centos7~https://github.com/wildfly/quickstart.git \
    --context-dir helloworld --build-secret “secret-mvn:.ssh” \
    --build-config-map "settings-mvn:.m2"

いずれの場合も、settings.xml ファイルがビルド環境の ./.m2 ディレクトリーに追加され、id_rsa キーは ./.ssh ディレクトリーに追加されます。